2013/02/19

メッセージ(15)

2013年1月14日のサブリミナル・メッセージ
~引き続き記述していきます~
-最終更新日: 2013年1月14日 (月) -

2013年1月14日(月)
 ひるおびで東国原氏がサブリミナル・メッセージ。この時間帯は加害勢力の資本割合がどの番組でも多いようです。気を付けなければなりません。

 みんなの党・江田氏もサブリミナル・メッセージ。被害者に期待感をもたらすものです。有難うございます。ひるおびより。

 みんなの党、江田氏は今日は加害勢力への迎合割合が低く、東国原氏はやや高いといった現状になっています。この辺は党利党略で決まるようです。視聴者は注意しなければなりません。ひるおびより。

 ワイドスクランブルでなかにし礼さんがサブリミナル・メッセージ。やはり加害者への迎合部分との混合のようです。しかし、安全はしっかり確保されています。有難うございます。

 現在の相撲中継でキャスターがサブリミナル・メッセージ。「間に合う」を強調。解決が間に合うと被害者を勇気づけるもの。有難うございます。

 イマなま3チャンネル、西田篤史キャスターがサブリミナル・メッセージ。サブリミナル・メッセージによって本日の自分の役割でどれだけ加害勢力に迎合的な割合があるかを教えてくれるケースが多いです。その上で、味方のパートで被害者を励ますサブリミナル・メッセージ。また、今外泊しているのですが、ここに到着した際に加害勢力による悪意あるほのめかしを受けました。しかし、彼らは現在はこの場所を離れたことも教えていただきました。有難うございます。

 2013HBCカップジャンプ、キャスターと原田選手が赤い色の服と緑色の服。これは、集団ストーカー問題は自民党と民主党の二大政党制で解決するべきことを象徴した色づかいです。味方の資本割合が多いことを示しています。温かいサブリミナル・メッセージも有難うございます。

 Nスタ、堀尾正明キャスターが左を指さしました。これは自分の番組は加害勢力の迎合割合が多いので、1chであるNHKに変えたほうがいいというサブリミナル・メッセージです。そのNHK大相撲では被害者に対する助言がサブリミナル・メッセージとして発せられています。有難うございます。

 大相撲、解説者が「入れないことが大事」。これは大相撲の世界に加害勢力を入れないことが内部で嫌がらせを行わせないにあたって重要だということです。白鵬が目をぬぐうしぐさをしたのは、残念ながら大相撲協会の一部を加害勢力が占めているということです。

 NHK6時のニュースでもキャスターが被害者を励ますサブリミナル・メッセージ。甘利大臣も解決を確約するサブリミナル・メッセージ。日本が一丸となって解決に結び付けようとしています。有難うございます。

 ゴールデングローブ賞でもアメリカの有名人たちがアメリカの解決路線を支持するサブリミナル・メッセージ。スピルバーグ監督をはじめ皆さんに出していただいています。有難うございます。

 NHK7時のニュース、冒頭は加害勢力のパートと味方のパートが入り乱れる事態。雪に足止めされた人がアメリカの解決路線を改めて示すサブリミナル・メッセージ。有難うございます。