2013/07/16

メッセージ(151)

2013年7月15日のサブリミナル・メッセージ 追記
~NHK6時、7時のニュースのメモです。~
-最終更新日: 2013年7月15日 (月) -

2013年7月15日(月)
 井上二郎キャスター「相次いでいます」被害者迎合のサブリミナル・メッセージが相次いでいることを示唆するサブリミナル・メッセージ。誠に有難うございます。NHK、6時のニュース。

 井上二郎キャスター「進めています」アメリカ・ユーロの調査が進められていることを示唆するサブリミナル・メッセージ。誠に有難うございます。NHK、6時のニュース。(7月15日追記)

 井上二郎キャスター「前の年より増えています」参議院選挙公示前に比べて日本の参議院選挙までの解決主体の加害勢力迎合割合が高められていることをアメリカ・ユーロが示唆するサブリミナル・メッセージ。誠に有難うございます。NHK、6時のニュース。(7月15日追記)

 井上キャスター「外に避難させました」加害勢力の無実の方々を加害勢力の外に避難誘導したことを示唆するアメリカ・ユーロのサブリミナル・メッセージ。脱会する際に行われる制裁の恐怖が弱められているはずです。誠に有難うございます。感謝の言葉もありません。同番組。(7月15日追記)

 中国のテレビメーカーの方、「半分ほどに減っている」は日本の左を指し示す政党の加害勢力迎合割合を半減させることに成功しているというアメリカ・ユーロのサブリミナル・メッセージ。誠に有難うございます。被害者は現在はこちらを頼るべきですね。NHK、7時のニュース。(7月15日追記)

 盛来運氏「冷静に改革を進めていく」もこの被害に関連したサブリミナル・メッセージ。誠に有難うございます。瀬口清之氏「長期的に出てくる」は「出てくる」の部分だけアメリカ・ユーロのサブリミナル・メッセージでしょう。誠に有難うございます。NHK7時のニュース。(7月15日追記)

 海洋開発研究機構の吉田弘氏「素晴らしい」の部分が被害者迎合のサブリミナル・メッセージ。誠に有難うございます。被害者を励ます慣用表現です。NHK、7時のニュース。(7月15日追記)

 エナックスの三枝雅貴氏「広がりが非常に大きい」もこの問題のサブリミナル・メッセージの取り組みによって認知が大きく広まったことを意味するアメリカ・ユーロのサブリミナル・メッセージ。誠に有難うございます。NHK、7時のニュース。(7月15日追記)

 三菱重工業の久留長生氏「期待しております」も被害者を励ますアメリカ・ユーロのサブリミナル・メッセージ。誠に有難うございます。頑張ってください。NHK、7時のニュース。(7月15日追記)

 京都大学の小久見善八特任教授「大変なことなんですね」も被害者に対するいたわりのサブリミナル・メッセージでしょう。誠に有難うございます。NHK、7時のニュース。(7月15日追記)

 韓国統一省の方が、日本の右の政党に解決を頼るべきでないというサブリミナル・メッセージ。右をまなざす前に口を閉じて回避の行動から。誠に有難うございます。感謝の言葉もありません。NHK、7時のニュース。(7月15日追記)

 琴欧洲が右を向いて目を閉じるしぐさ。こちらも右を示す政党に被害者は頼るべきではないというアメリカ・ユーロのサブリミナル・メッセージ。誠に有難うございます。NHK、7時のニュース。(7月15日追記)

 かき氷を食べている寺川奈津美キャスターがまばたきを多発。加害勢力迎合色彩の回避のサブリミナル・メッセージ。誠に有難うございます。NHK、7時のニュース。(7月15日追記)

 海辺でサザエを取っている観光客の方が「有難うございます」。これは被害者に感謝を示すサブリミナル・メッセージの慣用表現。誠に有難うございます。事後的にメモしてよかったです。NHK、7時のニュース。(7月15日追記)