2013/07/18

メッセージ(154)

2013年7月17日のサブリミナル・メッセージ 追記
~NHK7時のニュースのメモです~
-最終更新日: 2013年7月17日 (水) -

2013年7月17日(水)
 タカラジェンヌの方が加害勢力迎合色彩の回避のサブリミナル・メッセージ。これまでの慣習とは異なる様相を示しています。問題解決の前進を感じます。誠に有難うございます。頑張ってください。NHK、7時のニュース。

 武田キャスター「深刻な災害です」。アメリカ・ユーロはテクノロジー犯罪、集団ストーカーは深刻な災害だという見解であることを示唆するサブリミナル・メッセージ。この悪しき習慣に終止符を打たなければなりません。NHK、7時のニュース。

 東京消防庁総合指令室の消防員の方が右にしかめっ面をするしぐさ。問題解決の後退の原因となった日本の右を示す政党をアメリカ・ユーロが快く思ってないことが示唆されています。誠に有難うございます。NHK、7時のニュース。

 昭和大学・三宅康史教授「いつもと違う何かを発見してあげる必要がある」集団ストーカー、テクノロジー犯罪の被害者に対して、いつもと違う何かを他人が発見・理解してあげることが必要であるというアメリカ・ユーロの示唆。誠に有難うございます。NHK、7時のニュース。

 武田キャスターが首を振るしぐさ。直後に加害勢力迎合配色が画面に。これの回避のサブリミナル・メッセージ。誠に有難うございます。NHK、7時のニュース。

 田中正良さん「欠かせない」の強調。問題解決に被害者の存在が欠かせないというアメリカ・ユーロのサブリミナル・メッセージ。岩田明子さん「時間稼ぎをさせてはならない」加害勢力に時間的な猶予を与えてはならないとする示唆。誠に有難うございます。NHK、7時のニュース。

 岩田氏「チャンスを逃さない」この問題の解決の機運が高まっている状況にあって、アメリカ・ユーロはこのチャンスを逃さない意向であることを示唆するサブリミナル・メッセージ。誠に有難うございます。NHK、7時のニュース。

 田中氏が口を閉じるしぐさの後に「共生」の強調。「共に生きる」は「加害勢力と共に生きる」を慣用的に意味している加害勢力迎合表現。それを口を閉じて回避するサブリミナル・メッセージ。誠に有難うございます。NHK、7時のニュース。

 岩田氏が目を閉じるしぐさの前に「原点に戻る」。これも慣用的な加害勢力迎合表現で、目を閉じることによって回避。ルーツは3年前にものぼり、当初は加害勢力が強引に自分たちとの融和を打ち出していたことからきています。NHK、7時のニュース。

 八千草薫氏のインタビューの最後、右へ向いたか睨み付けたか。前者なら参議院選挙までの解決主体の迎合、後者ならアメリカ・ユーロの意思の反映。判別がつきませんでしたがメモに残します。ご容赦ください。NHK、7時のニュース。

 松井氏「いいコメントを届けられればと思います」も被害者迎合のサブリミナル・メッセージ。リベラ選手が左腕を振るしぐさ。左を指し示す政党が加害勢力の影響を排除しようとしていることを示すアメリカ・ユーロの示唆。誠に有難うございます。NHK、7時のニュース。

 琴欧洲、白鵬が加害勢力迎合配色の回避と左を指し示す政党への避難の誘導。誠に有難うございます。頑張ってください。NHK、7時のニュース。

 武田キャスター「細かなところまで表現されていますね」は被害者の記述がよくできているというアメリカ・ユーロの示唆。誠に有難うございます。これからも頑張りたいと思います。NHK、7時のニュース。