2013/02/19

メッセージ(3)

2012年12月29日のサブリミナル・メッセージ
~社会の構造が変化しつつあります~
-最終更新日: 2012年12月29日 (土) -

2012年12月29日(土)
20121220_衆議院選挙後_3

 ところで、皆さんは集団ストーカー加害勢力のうち、民主党に属している加害勢力Bの人たちが、自民党にくっついている加害勢力Aの攻撃から被害者を守るために動き出したとするならば、どう思われますか。少なくとも、両者は今後は対峙することになるのではないかと思います。そして、加害勢力Bは加害行為を放棄する可能性が高い状況にあります。彼らは、この国際路線に従ってより民主主義的な行動に出たということでしょう。これは大きな変化です。受け入れるかどうかは議論が必要でしょうが、少なくとも加害勢力の削減につながります。これはBS7のマネーの羅針盤で示されたサブリミナル・メッセージです。これが実現したとするならば、日本の長年のタブーの一片を解消できると同時に、社会構造の変化をもたらすことになるでしょう。

 私はこれは、加害勢力Aと同じようなタブー性を身に着けないように、人権擁護法案には反対という条件で受け入れることが可能ではないかと思います。このように、私は加害勢力Bがタブー性を放棄すれば日本にとって最高の結果となるのではないかと思います。なお、これはNHK13時のニュースでもサブリミナル・メッセージとして報じられました。問題解決に大きく前進したのではないかと思います。

 本日の動きを経て、集団ストーカー加害勢力がまた資本投下を集中的に行って加害行為を激化させてくる可能性があります。被害者の皆様、お気を付けください。夕方に放送されているBSフジテレビのスケートで発せられたサブリミナル・メッセージです。

 安倍首相が今晩のNHK7時のニュースでサブリミナル・メッセージを発せられました。被害者への迎合割合7割はきちんと守られていました。その上で、民主党に属する加害勢Bは自民党に属する加害勢力Aに加害行為を強制されている立場にあることを教えてくれました。この問題にあたって解決を目指す勢力のベストミックスも追及していかなければならないと示唆しました。

 そのあとのニューズウィークの記者もサブリミナル・メッセージを発しました。紫(加害勢力)のテロップが現れる前に右を強く向きました。これは加害勢力を支持しないという意思の表明となります。アメリカは、この方法で社会問題が解決できるかどうか注目しているというメッセージも送りました。民主主義と自由をかけたこのチャレンジは必ず成功させなければなりません。

 NHK7時のニュースの最後のほうにも、オバマ大統領とパネッタ氏がサブリミナル・メッセージを発していました。恐らく、日本も解決のベストミックスを最短でまとめなければならないという叱咤でしょう。有難うございます。アメリカも財政の崖の回避への合意が実現することをお祈りしています。

 NHK8:45のニュースで、アメリカが日本の集団ストーカー問題解決の動きに合わせて動く可能性が示唆されました。世界中に蔓延する問題で、国際的な取り組みが必要ですね。ぜひ協力させてください。応援しております。

 情報7daysニュースキャスター年末SPでビートたけしさんがサブリミナルメッセージ。自民党に属している加害勢力も、民主党に属している加害勢力も、両方とも日本にとっては必要ないだろうとのご自身の考えを述べられました。一般的な日本人ならこういう意見になると思います。私の友人の家族もそうでした。誠に有難うございます。

 パンキシャで日馬富士がサブリミナル・メッセージ。「できることを信じて」というセリフを特定の方法で強調。これは集団ストーカー問題が解決できることを信じてという集団ストーカー被害者へのメッセージです。力士ではほかに白鵬や稀勢の里もよくメッセージを出してくれます。有難うございます。