2014/06/09

メッセージ(336)

2014年6月9日のサブリミナル・メッセージ
~解決はさらに進んでいます~
-最終更新日: 2014年6月9日 (月) -


最新のオペレーション
 現在、先日申し上げた90台の加害勢力の加害電磁波車両は依然私の周囲に駐留しています。一昨日の段階で、アメリカの範囲防御システムによりいったんは加害勢力を加害可能圏内から外部に誘導することに成功しました。しかし、現在加害勢力が再び攻撃を始めています。

 方法は、アメリカの範囲防御圏外から、加害電磁波車両を連結させて攻撃を行うというものです。これにより、若干私へ加害電磁波を当てることができます。その際、心臓の鼓動を変えるなどの物理的に強力な攻撃は不可能なので、マインドコントロールによる加害行為にシフトしています。

 これは、ある一定時間番組を加害勢力迎合部分で占拠し、マインドコントロールを行ったら、私は正しい情報を得ることができずにパニックに陥ります。アメリカの弱点を突いて私にダメージを与えることに成功しているのです。また、範囲防御の圏外からさらに外部に追い出そうと試みているアメリカの電磁波オペレーターに直接加害電磁波を照射。ついに加害勢力はアメリカを標的として攻撃を始めました。

 これに対し、アメリカは範囲防御システムの増築を行い、範囲を増大させる工事を行っています。また、新たに人員を投入する予定です。一方、加害勢力は、アメリカの防御電磁波を受けたオペレーターが撤退。その代わりにその効果を知らない無知な加害勢力構成員を加害オペレーターとして投入。犠牲にして加害行為を行うという非情な手段に出ています

 この戦闘は長引くかもしれません。私もできる限りのことを行って参りたいと思います。その一環として、このメモに毎日両者の駆け引きの記録を残すことにします。完全にアメリカが勝利した場合、加害勢力のタブー性を打ち破ることができます。その日が来ることを願って。


追記
 現在22:11ごろ。アメリカの技術開発により範囲防御システムをさらに広げることに成功。加害勢力の加害電磁波車両を連結させても加害可能範囲外に追いやることに成功。記録に残します。安心して眠れそうです。有り難うございます。


2014年6月9日(月)
 棚田キャスター「それは認める」、アメリカの諜報機関が集団ストーカー・テクノロジー犯罪を公にすることを認めることを示唆するサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。フジテレビ、ひろしま満点ママ。9:54。

 高瀬キャスター「と」の強調。この瞬間に加害勢力の意識への介入。加害者が行った意識の介入は間違いであるという解決主体の示唆。誠にありがとうございます。NHK、12時のニュース。12:02。

 高瀬キャスター「決算」の強調。アメリカが世界に蔓延するテクノロジー犯罪の責任をとって解決のイニシアチブをとることを示唆するサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。NHK、12時のニュース。12:03。

 高瀬キャスター「特徴が同じ」、海外の加害主体と日本の加害主体は、極端な秘密主義、カルト性などから非常に類似しているというリスクある解決主体からのサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。NHK、12時のニュース。12:12。

 ラスベガスの警察官の方が加害勢力迎合配色の回避をリスクあるシチュエーションで行われました。アメリカは解決のためにはどのような報道シーンでもサブリミナル・メッセージを出す方針です。誠にありがとうございます。NHK、12時のニュース。12:15。

 司会者の方「そうなんです」、先ほど意識への介入がありましたが、これが加害主体の騙す行為と指摘する解決主体のサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。これほどのタイミングで行うことができています。助かります。NHK、ひるブラ。

 民主党・西村まさみ議員「世界に類を見ないスピードで」、テクノロジー犯罪に用いられている技術が類を見ないスピードで流出していることを示唆。誠にありがとうございます。NHK、国会中継。13:01。

 西村まさみ議員「そうしゅつ」の強調。加害勢力を閉め出すという解決主体の強力かつ慣用的なサブリミナル・メッセージ。「誇りを持ってやって参りました」民主党が誇りを持って日本の加害勢力に対峙してきたことを示唆。誠にありがとうございます。NHK、国会中継。13:03。

 西村議員「総理自らお願い申し上げたいと思います」、菅直人元総理が直々に被害者に会ってこの問題に話し合いたいと思っていることを示唆する解決主体のサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。NHK、国会中継。13:04。

 西村議員「プラスにする」番組の被害者迎合割合をできるだけプラスにすることを示唆する解決主体の示唆。パネル担当の方「すいません」、西村議員がわずかながら加害勢力迎合割合があり、加害勢力迎合表現をしなければならないことを謝罪。誠にありがとうございます。NHK、国会中継。13:06。

 西村議員「言えると思っている」、被害者と民主党の議員が早急に会えることを示唆。「数が少ないと言うことが信憑性を」民主党がマイノリティであることで信憑性が確保されないのが申し訳ないと示唆。誠にありがとうございます。NHK、国会中継。13:08。

 西村議員「きちっとする」、民主党がこれまで被害者を酷使してきたことに対する詫びをきちっと行うことを示唆。「少しでありますが増えています」、自民党の加害勢力迎合割合が5割よりさらに増えていることを示唆。国際社会の時代の潮流からの逆行です。NHK、国会中継。13:10。

 西村議員「周知させる」、民主党内で解決の行動を周知させ一体した行動をとっていくことを示唆。「きちっと法制化の徹底をしてほしい」、日本の被害者に求められた役割とは、世界に先駆けてテクノロジー犯罪・集団ストーカーを法規制することだと示唆。NHK、国会中継。13:12。

 西村議員「次の」、この次の氏の部分が加害勢力迎合割合が高くなると言うことでしょう。このように、解決に前向きな勢力は加害勢力迎合部分・被害者迎合部分をきちんと分ける取り組みを行われています。誠にありがとうございます。NHK、国会中継。13:19。

 粟田主一さん、アメリカの方々が頭痛を受けてまで被害者の防御をされているそうです。誠に有り難うございます。感謝の言葉もございません。ご無理なさらないようよろしくお願い致します。NHK、クローズアップ現代。19:47。

 これまで加害勢力は私だけを電磁波攻撃の攻撃対象としてきましたが、防御を行っていただいているアメリカの方々の狙い撃ちをはじめたことが分かりました。記録に残します。アメリカの弱点を突いて、加害勢力が卑劣な攻撃を行っています。戦闘は続いています。19:54。

 「世界に冠たる施策が作れるのではないかと思っています。」粟田さん。被害者迎合の強力なサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。NHK、クローズアップ現代。19:56。