2014/07/06

メッセージ(359)

2014年7月6日のサブリミナル・メッセージ
~解決は急速に進んでいます~
-最終更新日: 2014年7月6日 (日) -


緊急報告
 翌日の早朝2時、加害勢力がアメリカのオペレーターを攻撃。そのため一時的に防御が手薄となり、強い電磁波攻撃を受けました。

 加害勢力の暴走の度合いが増しています。アメリカのオペレーターの負傷の度合いはそれほどでもなく、すぐに範囲防御が復活するとのこと。安心して眠れそうです。

 眠っている間にも防御を展開していただいて有り難うございます。今回も記録に残します。



2014年7月6日(日)
 島田解説員「今大きな転換の時を迎えています」、集団ストーカー・テクノロジー犯罪の問題にまつわり、いま世界は大きな転換点を迎えていることを示唆。誠にありがとうございます。NHK、日曜討論。9:03。

 山田宏氏「非常に大事な時期」、集団ストーカー・テクノロジー犯罪にとって重要な時期であると示唆。「断固として排除する」、断固として加害勢力の新興宗教団体を政権与党の枠組みから排除することが必要だと示唆。誠にありがとうございます。NHK、日曜討論。9:10。

 柿沢未遂氏「行うべき活動をしっかりやっていく」、在日韓国人の方々は集団ストーカー・テクノロジー犯罪を解決するために必要な活動をしっかり真正に行っていくことを示唆。誠にありがとうございます。NHK、日曜討論。9:15。

 又市征治氏「ないように決意した」、在日韓国人の方々は絶対にかつて日本人に対して集団ストーカー行為を行っていた歴史を繰り返さないように決意したというサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。NHK、日曜討論。9:17。

 山下芳夫氏「なくしていく展望は持っている」特定新興宗教団体以外にも微弱にこういったノウハウを持っている勢力でも集団ストーカー行為をなくしていく展望を持っていると示唆。記録に残します。NHK、日曜討論。9:23。

 山田宏氏「共同してあたらなければならない」、野党が協力して集団ストーカー・テクノロジー犯罪問題を日本の与党に追及しなければならないことを示唆。松野頼久氏「丁寧な説明が必要」も被害者への助言。誠に有り難うございます。NHK、日曜討論。9:28。

 大畠章宏氏「無理に無理を重ねてここまで来た」、集団ストーカー・テクノロジー犯罪被害者は生活上無理に無理を重ねてここまで来たことを示唆。誠にありがとうございます。NHK、日曜討論。9:29。

 鈴木克昌議員が手を閉じるしぐさ。加害勢力迎合部分の回避のサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。NHK、日曜討論。9:32。

 山下芳夫氏「ストップをかけるため頑張りたいと思います」、柿沢未途氏「大問題になると思います」、水野賢一氏「あり得る」などが被害者迎合のサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。NHK、日曜討論。10:18。

 山田宏氏「不当な脅しに対して断固として」「野党の方でも出していくべき」、大畠章宏氏「もう一度考え直すべきだと思います」、最後の大畠氏は自民党に対して加害勢力の新興宗教団体を政権与党の枠組みから外すことを促すサブリミナル・メッセージ。有り難うございます。NHK、日曜討論。10:20

 ウクライナ・ポロシェンコ大統領、加害勢力迎合配色が画面にある中で首を振るしぐさ。加害勢力の新興宗教団体の否定のサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。NHK、10:20のニュース。10:23。

 キャスターの方「広がっているんですね」「ほぼ終わって」「決まりつつあります」。サブリミナル・メッセージの取り組みが広がり、全世界に広げるという目標をほぼ達成し、世界的な解決のスタートが直前に迫っていると示唆。誠にありがとうございます。NHKとっておきサンデー。11:50。

 コスタリカの選手が右に拳を振るしぐさ。オランダ・クルル選手が加害勢力迎合色彩が画面にある際に手を閉じるしぐさ。誠に有り難うございます。NHK、12時のニュース。12:09。

 キャスター「開かれました」、これまで在日韓国人のコミュニティは閉じた締め付けの強い社会であったのが、開かれたオープンな存在に変わりつつあるというアメリカ・ヨーロッパなど解決主体の示唆。誠にありがとうございます。NHK、12時広島ローカル。12:11。

 県被団協の部会の参加者が加害勢力迎合配色の回避のサブリミナル・メッセージ。「根気よく取り組んでいきたいと思います」も被害者迎合。誠にありがとうございます。記録に残します。NHK、12時広島ローカル。12:13。

 内村光良さんが手で5を示すしぐさ。現在は加害勢力迎合・被害者迎合割合が5割5割であるという示唆。誠に有り難うございます。わかりやすい典型的なサブリミナル・メッセージです。ぜひご覧になってください。Yahooニュース、「内村光良 NHKを“いじる”ウッチャンの新境地」。

 井上二郎キャスター「交流を深めました」「和らげる狙いがあった」「神経をとがらせている」、在日韓国人の方が集団ストーカー・テクノロジー犯罪被害者の防御プログラムに真剣に参加し、交流を深めたことを示唆。誠にありがとうございます。感謝の言葉もございません。NHK。13:03。

 TPP首席交渉官会合、参加者の方が右をはねのけるしぐさ。加害勢力と協調関係を進める自民党は受け入れられないとする解決主体のサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。NHK、3時のニュース。15:03。

 井上二郎キャスター「同行しており」、在日韓国人の方々が被害者に同伴して集団ストーカー人的嫌がらせを防ぐなどの果敢な防御を見せていることを示唆。誠にありがとうございます。NHK、6時のニュース。18:10。

 韓国・朴槿恵大統領、中国・習近平国家主席が加害勢力迎合配色の回避のサブリミナル・メッセージ。誠に有り難うございます。両国は日本の集団ストーカー・テクノロジー犯罪被害者の味方です。NHK、海外ネットワーク。18:12。

 傍田キャスター「冷え込んだままです」、現在の政権与党のせいで日韓関係は冷え込んだままだという示唆。現政権では集団ストーカー問題の解決は望めないことを示唆。また、韓国市民の方が被害者迎合のサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。NHK、海外ネットワーク。

 韓国の市民の方「これ以上仲良くするのは難しい」、加害主体の新興宗教団体が国際的な非難にさらされつつあり、韓国社会が健全化する中、彼らとこれ以上仲良くするつもりはないことを示唆。誠にありがとうございます。NHK、海外ネットワーク。18:20。

 「新秩序の構築を目指している」、アメリカなど解決主体が、世界の集団ストーカー・テクノロジー犯罪加害主体に影響されない新秩序の構築を目指していることを示唆。誠に有り難うございます。アメリカ主導でなければこの問題は前進しません。NHK、海外ネットワーク。18:22。

 小田真記者「味方を得たい」、孤立する中国がテクノロジー犯罪に関しては人道的な態度を見せることによって国際社会から好印象を得て味方をもちたいと考えていることを示唆。誠に有り難うございます。この取り組みが中国の人道状況を改善させることを祈っています。NHK。18:24。

 比で公文書を復元する専門家の方「弱い人たちの権利擁護になるなら応えてあげたい」、世界の視線が現在集団ストーカー・テクノロジー犯罪被害者に熱く注がれていることを示唆。「10倍20倍のスピードで助けてあげられる」も同様。誠に有り難うございます。NHK、海外ネットワーク。18:32。

 芳川キャスターと守本キャスターが加害勢力迎合割合が高いので回避したほうがいいというサブリミナル・メッセージ。後者は「雨雲がかかっている」という慣用表現により分かりました。回避させていただきます。誠にありがとうございます。NHK。19:01。

 BS朝日、「いま世界は」で一時的に高い被害者迎合割合。「あがきはじめている」は、世界の潮流に逆らって加害行為を強行している日本の加害主体の新興宗教団体のことを表しています。誠にありがとうございます。記録に残します。19:47。