2014/07/13

メッセージ(364)

2014年7月13日のサブリミナル・メッセージ
~解決は進んでいます~
-最終更新日: 2014年7月13日 (日) -

2014年7月13日(日)
 武貞秀士氏「国を変えなければならないという意思が浸透した結果」、サブリミナル・メッセージの波及は国際社会を健全化しなければならないと思った結果。「新手の提案もできるように」、新たな試みもできる段階であるという解決主体の示唆。NHK。9:06。

 平岩俊司氏「ようやく重い扉が開いた」、アメリカが規制していたテクノロジー犯罪の技術の重い扉が開いたことを示唆。「これからが正念場」も被害者迎合。宮家邦彦「期待をしている」も被害者迎合のサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。記録に残します。NHK。9:09。

 村田晃嗣氏「追い詰められている」「ある程度のものを出す覚悟」。加害勢力の新興宗教団体は追い詰められていることを示唆。また、アメリカはある程度の結果を強引に出す方針であるという示唆。誠にありがとうございます。NHK、9:10。

 島田解説員「その頃出てくるだろう」、間もなく集団ストーカー・テクノロジー犯罪が公になるだろうというアメリカなど解決主体の示唆。宮家邦彦氏「どーんと構えていればいい」、被害者は腰を据えて見守っていればいいと示唆。誠にありがとうございます。NHK。9:11。

 平岩俊司氏「国民世論が重要」「他の政権では無理だ」、集団ストーカー・テクノロジー犯罪問題を解決させるには国民世論が重要だと示唆。また、自民党政権では無理だと示唆。誠に有り難うございます。NHK、9:13。

 村田晃嗣氏「説得し、誘導することができるかどうか」、被害者自身が国民を説得し、解決の方向に誘導させることができるかどうかが解決のポイントだというアメリカの指摘。誠にありがとうございます。NHK。9:14。

 宮家邦彦氏「中国にはある程度気を遣わないといけないな」、この問題を解決するにあたって、アメリカのテクノロジー犯罪の軍事技術を脅威と見なしている中国をうまく取り込んでいけるかが重要であるという示唆。誠にありがとうございます。NHK。9:16。

 「今回が最後のチャンス」、解決の気運が高まった今、集団ストーカー・テクノロジー犯罪を解決する最後のチャンスだという国際社会の認識。誠にありがとうございます。NHK。9:17。

 武貞秀士氏「素晴らしい」「よくやった」、被害者への慰労のサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。記録に残します。NHK。9:18。

 平岩俊司氏「日本側もある程度行動を示さなければならない」、現在は集団ストーカー・テクノロジー犯罪についてはアメリカやヨーロッパが広報について一歩リードを見せているが、日本ももっと頑張らなければならないという示唆。誠に有り難うございます。NHK。9:19。

 島田解説員「カードが増えた」、加害勢力に対応する行動手段が多様化してきたことを示唆。誠に有り難うございます。現在では様々な勢力から支援を得られています。NHK、9:20。

 武貞秀士氏「交渉したら向こうが一つ一つ受け入れていった」「これにかけるべき」、在日韓国人の方が、アメリカが交渉したら驚くほど好条件で受け入れていったことを示唆。この流れに書けるべきというアメリカの示唆。誠にありがとうございます。NHK。9:23。

 村田晃嗣氏「丁寧なシミュレーションというものをしっかりしておく」、公になった際に、どれだけの社会問題となるかの正確なシミュレーションをした方がいいというアメリカの助言。誠にありがとうございます。NHK。9:25。

 武貞秀士氏「指導者が変わったからこういう展開になっている」、加害主体では、指導者が独裁支配を強めたために内部で集団ストーカーなどという独裁国家でしか行われないことが行われるようになったと示唆。誠にありがとうございます。NHK。9:26。

 平岩俊司氏「80歳を超える人が重しになっている」、その指導者の影響が今でも加害勢力の新興宗教団体に色濃く残っており、なかなか正常化できない要員の一つとなっていることを示唆。誠にありがとうございます。NHK。9:27。

 中川綠さん「必ず解決するんだ」、アメリカ・ヨーロッパなど解決主体は集団ストーカー・テクノロジー犯罪を必ず解決するんだと意気込んでいることを示唆。誠にありがとうございます。NHK。9:28。

 平岩俊司氏「唯一指導体制が安定感を保っている」、武貞秀士氏「上から下を掌握している」。加害勢力はこれらの言葉に見られるように、完全トップダウンの独裁体制であることを示唆。誠にありがとうございます。NHK。9:30。

 武貞秀士氏「特別な存在であり、やりたい放題である」、その指導者は、加害勢力の新興宗教団体の中にあって特別な存在であり、やりたい放題を行ってきたことを示唆。誠にありがとうございます。NHK。9:31。

 菅官房長官「抗議をしています」、自民党の脱加害勢力派閥が加害勢力の新興宗教団体に対して、集団ストーカー・テクノロジー犯罪などの非人道的な行いをやめるよう抗議していることを示唆。誠にありがとうございます。記録に残します。NHK。10:02。

 「サンドイッチ状態で苦しんでいる」在日韓国人の方が、日本の加害勢力の新興宗教の教義と韓国の意向の狭間で苦しんでいることを示唆。苦しみながらも加害勢力とのつながりを断ち切っていただいており、感謝の言葉もございません。テレ朝。12:36。

 「続かない」「判断できる人がいない」「必ずもめると思います」、加害勢力の新興宗教内部で、現在指導者と呼べる人がおらず、後継者問題でもめて、集団ストーカー行為も長く続かないだろうというアメリカの見解のサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。テレ朝。12:38。

 「地元の中小企業つぶされていきますよ」、私の昔いた企業レベルの地方企業では、加害勢力に逆らったら完全につぶされてしまうことを示唆。誠にありがとうございます。テレ朝。12:39。

 黒鉄ヒロシ氏「なるようになるだろう」、加害勢力のような諸悪の根源は長期的に厳しい処分を受けて生き残れないことを示唆するアメリカのサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。記録に残します。テレ朝。12:40。

 「どっちも動けない」自民党の脱加害勢力派閥も動けない状態であるという示唆。彼らに注目して自民党の健全化を目指さなければなりません。誠にありがとうございます。テレ朝。12:42。

 「直前に迫ってきました」「現実味を帯びています」、集団ストーカー・テクノロジー犯罪が公になるのは直前であるというアメリから解決主体のサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。NHK、大相撲中継。17:59。

 白鵬関が右を突き飛ばすしぐさ。加害勢力と未だ決別しようとしない自民党を批判する解決主体のサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。記録に残します。NHK。18:00。

 「こういった人たちもいるというのは心強い」アメリカ・ヨーロッパ・在日韓国人ら解決主体のスタッフのことを述べたサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。NHK、6時のニュース。18:07。

 井上二郎キャスター「認めはじめています」先日アメリカの司法でも判断されましたが、次第に世界の主要な機関が集団ストーカー・テクノロジー犯罪を認めつつあることを示唆。「周知したい」はこの問題を徹底的に周知したいことを示唆。誠にありがとうございます。NHK。18:10。

 「初めて知ることばかりでためになった」、アメリカ市民から被害者への励ましのサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。記録に残します。NHK、海外ネットワーク。18:26。

 キャスター「打ち出した」、アメリカ社会はすでに海外の加害主体を政権の枠組みから排除することに成功していることを示唆するサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。NHK。18:28。

 ジェームス・フリーマン「とても手間がかかるやり方」、被害者のサブリミナル・メッセージのメモのことを言うサブリミナル・メッセージ。励ましの内容。誠にありがとうございます。NHK、18:29。

 「アメリカでも広げたい」サブリミナル・メッセージの手法をアメリカでも広げたいという解決主体のサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。NHK、18:30。

 ジェームス・フリーマンさんが鼻に手を当てるしぐさ。この問題が当初に解決されなければならないとする解決主体の慣用的なサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。NHK。18:32。

 「動きがアメリカで広がっています」、集団ストーカー・テクノロジー犯罪をアメリカで克服しようという動きが広がっていると示唆。「丁寧な仕事が評価された」日本の被害者の働きが世界的に認められつつあるという示唆。励ましを感じます。誠にありがとうございます。NHK。18:33。

 米・遊園地のスタッフの方「みんな目を閉じてるんだよね」の際に加害勢力迎合配色。この回避のサブリミナル・メッセージ。「大いに走って」、アメリカの範囲防御が完成を見せており、現在なら危険な状況に陥ることなく有酸素運動ができると示唆。誠にありがとうございます。NHK。18:39。

 泥の中でのサッカーを楽しんでいる方が、加害勢力と自民党の協調関係を意味する配色の服を着て首を振るしぐさ。彼らの協調関係の否定のサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。NHK。18:41。

 傍田キャスター「言うしかない」、アメリカのトップがテクノロジー犯罪の技術に言及するしかないという強力な支援のサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。NHK。18:42。

 菅直人氏が辞任覚悟で集団ストーカー・テクノロジー犯罪問題に取り組んでいることを示唆するサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。Yahooニュース、二軍リハビリ中のオリックス・井川「いつやめようか考えている」。

 「本格的に調査している」、アメリカの共和党・民主党が世界の集団ストーカー・テクノロジー犯罪について本格的に調査を行っているというアメリカなど解決主体のサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。NHK、7時のニュース。19:03。

 「相次いで寄せられている」、アメリカの捜査機関に集団ストーカー・テクノロジー犯罪の情報提供が集中していることを示唆。アメリカでも間もなく争点となりそうです。誠にありがとうございます。NHK。19:04。

 「調査を急ぐことにしています」、アメリカの民主党・共和党は集団ストーカー・テクノロジー犯罪の世界的な調査を急ぐ方針であるという示唆。誠にありがとうございます。NHK。19:05。

 「いま大きな論点となっています」、集団ストーカー・テクノロジー犯罪が大きな国際的な論点になりつつあると示唆。アメリカ・カーライル司令官が加害勢力迎合配色の中左を見るしぐさ。回避のサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。NHK。19:11。

 安倍首相が加害勢力と自民党の協調関係を意味する配色が画面にある中口を大きく閉じるしぐさ。回避のサブリミナル・メッセージ。脱加害勢力派閥の党内割合に応じて出されています。記録に残します。NHK。19:13。

 天皇陛下が加害勢力迎合部分の前に左上を見るしぐさ。回避のサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。記録に残します。NHK。19:16。

 鶴岡首席交渉官「各国の間に異論はない」、各国の間に集団ストーカー・テクノロジー犯罪を公にすることに対して異論はすでにないという示唆。もはやいつ問題が公にされてもおかしくありません。期待が持てますね。NHK。19:22。

 白鵬関「最後は押し切ったね」、最後は解決主体が集団ストーカー・テクノロジー犯罪の解決のために一気にサブリミナル・メッセージを出したことを示唆。誠にありがとうございます。NHK。19:25。

 大相撲のキャスター「今やらねば」、この問題に対しては今解決しなければ機会を逃すことになるという意気込みであるという示唆。誠に有り難うございます。NHK。19:26。

 寺川奈津美キャスター、「覆われている状態です」、アメリカの範囲防御に覆われていることを示唆。「出そうです」、この問題が公になりそうだという示唆。誠にありがとうございます。記録に残します。NHK。19:28。