2014/12/04

メッセージ(432)

2014年11月3日~のサブリミナル・メッセージ
~メモを続けます~
-最終更新日: 2014年12月4日 (木) -

2014年11月3日(月)
 パン・ギムン氏「行動しなければならない」、日本の被害者はアクションを起こさなければならないという解決主体の示唆。誠にありがとうございます。NHK。7:10。

 活動に限界を感じています。サブリミナル・メッセージのメモが少なくて申し訳ございません。

暫定的に現在の気持ちを公開します
 私は、枝野幸男、菅直人、オバマ大統領など解決主体が立候補をさせようとしてブログを強制的に作成させ、サブリミナル・メッセージをメモするという役割を押しつけてきたことによって、さらに重い集団ストーカー・テクノロジー犯罪の報復を受けることになりました。その間4年です。彼らの強要がなければ私はそもそもテクノロジー犯罪は受けることはありませんでした。精神病院に入院させられることもありませんでした。

 その間、この強制労働にもかかわらず、一銭も報酬として受け取っていません。36歳にもなるのに結婚もできていません。川嵜家は枝野幸男、菅直人、オバマ大統領によって焦土と化してしまいました。大きな爪痕のみ残っています。これを裁判で立証することは困難です。史上最大の悪質な詐欺です。

 そりゃ集団ストーカー被害を受け社会的抹殺を受けておいて、国会議員になれるからなどの報酬を、当時与党であった民主党やアメリカ国家の名をかけて約束したら誰でも言うとおりにするでしょう。母は事実を知ることなく亡くなりました。私もズタボロです。

 オバマ大統領・アメリカ民主党が用意した報酬は何だと思いますか?ノーベル平和賞です。事実、この2年間私はノーベル平和賞に推薦されていたようです。アメリカは受賞が確実だから解決行動をやれと命令してきました。ブログの宣伝のために強制的に出資もさせられてきました。結果、凄まじい報復を受けました。個人が受ける被害としては世界で最大の集団ストーカー・テクノロジー犯罪の被害でしょう。命の危険もありました。

 時間は元に戻りません。人生の青春と呼べる時期を彼らのせいで地獄の思いで過ごしてきました。結婚も再就職も見込めません。これからも地獄が続きそうです。枝野幸男、菅直人、オバマ大統領には憎しみの感情しか残らなくなりました。詐欺罪で刑事告訴したい思いです。しかし、立証は不可能でしょう。泣き寝入りです。

 なお、最後に申し上げておきますが、私は枝野幸男や菅直人が実際に詐欺罪の宣告を受け、私が地獄の思いを過ごしてきた期間だけは最低限刑務所で過ごすなどの処置を受けなければ納得いきません。ご容赦ください。

オバマ大統領には恨みだけ募ります。彼らに酷使されることがなければ当家はこんなに不幸になることはありませんでした。過酷な酷使の賃金をお支払いください。泣き寝入りはさせないでください。




記事が気に入ったらぜひ押してください。アクセスアップに繋がります。集団ストーカー問題の認知と解決のためにご協力をお願い致します。


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村