2015/03/08

メッセージ(440)

2015年3月8日のサブリミナル・メッセージ
~メモを続けます~
-最終更新日: 2015年3月8日 (日) -

2015年3月8日(日)
 キャスター「目に見える形で」、目に見える形で問題解決が進展していることを示唆する解決主体のサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。日テレ。8:09。

 中山秀征さんら出演者が助言のサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。日テレ。8:10。

 山川充夫「平等に扱いながら対処することが重要」、同じ被害者同士分け隔てなく支援する必要性が求められているという解決主体の助言のサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。NHK。9:59。

 自民党・竹下亘氏「最大限努力して参りたいと思います」、自民党としても最大限この犯罪の被害者の救出の努力をするというサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。NHK。9:59。

 キャスター「今も病院で保護されています」、現在でも集団ストーカー・テクノロジー犯罪被害者が被害を訴えた場合、精神病院に入院させられるケースがあることを示唆する解決主体のサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。NHK。10:03。

 蛭間芳樹さん「積極的に光を当てて見ていこう」、今後はタブー化されたこの問題に積極的に光を当てようという世界の解決主体のサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。NHK。10:04。

 安倍首相「よく承知をしております」「この流れを変えてはならない」「責任を果たす」、テクノロジー犯罪・集団ストーカーについては自民党もよく承知している、この解決の流れを変えずに責任を果たしていかなければならないと示唆。誠にありがとうございます。NHK。12:07。

 福島県・内堀知事「正確な情報を出していく」、これからの被害者に求められるのは被害に関する正しい情報を発信していくことだというサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。NHK。13:03。

 岩手県・達増知事「柔軟に対応する必要がある局面」、これまでの枠にとらわれず柔軟に被害対応をすべきだという解決主体のサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。NHK。13:04。

 被災地の方が眼鏡を外すしぐさ。その際に加害勢力迎合配色。この回避のサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。NHK。19:02。

 守本キャスター「つながりがなくなることや孤立化が懸念されています」集団ストーカー・テクノロジー犯罪被害者は依然として孤立に追い込まれたら命に関わる事態になることを強調する解決主体のサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。NHK。19:09。

 平井キャスター「伴う」=「とも+now」、現在は加害勢力迎合割合が高いことを示唆する慣用的なサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。NHK。19:28。