2015/03/15

メッセージ(444)

2015年3月15日のサブリミナル・メッセージ
~メモを続けます~
-最終更新日: 2015年3月15日 (日) -

2015年3月15日(日)
 コメンテーターの方「そうだと認識している」、国際的に今回の事件は特定新興宗教団体が容疑者をテクノロジー犯罪・集団ストーカーで極限の状態に追い込んで犯行に及ばせたことだと認識しているという示唆。誠にありがとうございます。TBS。8:26。

 コメンテーターの方「恐れている」「変わってないな」加害勢力は、今回の事件で自分たちに嫌疑の念が向けられることを恐れているという国際的な示唆。解決の体制は変わっていないと励ましの示唆。誠にありがとうございます。TBS。8:35。

 「完璧です」「そろそろ結果も問われます」、被害者の解決行動はそれでいいという助言。そろそろ国際社会は結果が問われると示唆。誠にありがとうございます。TBS。8:42。

 自民党・溝手議員「みたいと思います」、被害者の情報を閲覧したいという自民党の示唆。民主党・羽田議員「議論していかなければならない」、この問題で起きた凄惨な事件について国際的に議論していかなければならないと示唆。誠にありがとうございます。NHK。9:05。

 維新の会・片山虎之助さん「野党としても考えていく」、共産党・市田忠義さん「害悪になるだけ」など強力なサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。NHK。9:09。

 次世代の党・松沢成文さん「ベターな選択」、社民党・福島瑞穂さん「だめだと言っていきたい」、誠にありがとうございます。NHK。9:10。

 ケリー国務長官が舌を出すしぐさ。被害者迎合のサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。NHK。10:02。

 「かなり速いペースで進んでいる」「迎えます」「動きやすい状況」、解決は速いペースで進んでいる。被害者を迎える。この問題が動きやすい状態であるということを示唆する解決主体の励ましのサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。フジテレビ。10:06。

 「この段階で」を「この団体で」と言い間違え。加害勢力はすでに特定されているという解決主体の強力なサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。フジテレビ。10:07。

 高市総務大臣「知恵を絞ってしっかり工夫をしていきたい」、自民党から被害者への応援のサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。NHK。18:02。

 竹下復興相「世界の皆さんに示していきたい」、自民党としても反テクノロジー犯罪・集団ストーカーを世界にアピールしていくことを誓うサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。NHK。18:09。

 豊田大氏「一段と後押しする」、アメリカ・ヨーロッパら解決主体がこの問題の解決をより一層後押しすることを約束するサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。NHK。19:04。

 石川県市民の方「素晴らしい」、被害者への励ましのサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。NHK。19:06。

 中国・李克強副首相が舌を出せないしぐさの際に加害勢力迎合色彩のテロップ。この回避のサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。NHK。19:09。

 早川基氏「いかにして死なないようにするか」、この問題の解決の秘訣はいかに犠牲者を発生させないかというアメリカら解決主体のサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。NHK。19:12。

 「みんなでみんなの命を守ることができれば」、全世界で被害者の命を守ることができればという解決主体のサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。NHK。19:17。

 フィリピンの防災責任者「好事例になっている」「できるだけ取り入れたい」、日本の事例が解決において好事例になっている。欧州ら世界も積極的に取り入れたという示唆。誠にありがとうございます。NHK。19:19。

 潘基文氏「どのようにして被害を最小限に食い止める」「賢明な投資が前もって必要となる」、この問題の拡散は食い止められず、事前の賢明な投資が必要であることを示唆。誠にありがとうございます。NHK。19:20。

 大江健三郎さん「運動を続けていく必要がある」、サブリミナル・メッセージによる解決を進めていく必要があるという示唆。誠にありがとうございます。NHK。19:24。

 「問題の装置が使われている」「使われたことが分かっています」惨劇においてテクノロジー犯罪の武器が使用されていたことを示唆するアメリカの調査のサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。NHK。19:25。

 カープ・黒田投手「順調に来ている」、解決は順調に来ているという解決主体の示唆。「もたもたしていたら前に出られてしまっていた」、この度は加害主体にミスリードを先行的に許してしまったという後悔のアメリカの示唆。誠にありがとうございます。NHK。19:27。