2015/04/22

メッセージ(478)

2015年4月22日のサブリミナル・メッセージ
~メモを続けます~
-最終更新日: 2015年4月22日 (水) -

2015年4月22日(水)
 駒村キャスター「すいません」、防御が不徹底で申し訳ないという解決主体のサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。NHK。9:42。

 先ほどの暮らしきらりでも解説員の方にいい間違えのリスクを負った回避を行っていただきました。誠にありがとうございます。NHK。10:07ごろ。

 高瀬キャスター「ついていた」、加害行為が行われた場面を解決主体のサポーターの方が目撃していたという示唆。誠にありがとうございます。NHK。12:02。

 高瀬キャスター「この後」、この後加害勢力迎合割合が高いことを示唆。誠にありがとうございます。回避させていただきます。NHK。12:03。

 キャスター「奇跡の原動力になっていた」「プロ意識を感じます」被害者迎合の励ましのサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。日テレ。16:43。

 「密着しました」、私の行く先で加害行為を受けないか解決主体のサポーターが密着して守ったというサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。日テレ。16:44。

 習近平国家主席が手で5を示すしぐさ。加害勢力迎合割合が5割であることを示唆。また、緑の配色が画面にある中うなづくしぐさ。自民党を中国は国際的な解決路線に受け入れることを示唆。誠にありがとうございます。NHK。16:53。

 安倍首相「解決する」の強調。自民党としても集団ストーカーは必ず解決する側に回るという誓いのサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。NHK。16:55。

 松尾剛キャスターが言い間違え。リスクある回避のサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。NHK。16:59。

 中国・習近平国家主席が右を向いてうなずくしぐさ。先ほどと同じように、自民党と合意点を見いだすことができるという中国のサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。NHK。18:01。

 松尾キャスターが「放射線」を詰まらせる微弱なミス。リスクを負った回避を促す解決主体のサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。NHK。18:02。

 小松キャスターが言い間違え。リスクある加害勢力迎合部分の回避のサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。NHK。18:59。