2015/09/08

メッセージ(512)

2015年9月8日のサブリミナル・メッセージ
~メモを続けます~
-最終更新日: 2015年9月8日 (火) -

2015年9月8日(火)
 「最悪の事態はひとまず免れる」、テクノロジー犯罪のデバイスの流通によって人権が世界的にどうしようもなくなる事態は避けられそうだという解決主体のサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。NHK。6:14。

 「時間切れに阻もう」自民党と加害勢力はオバマ大統領の任期切れによって集団ストーカー・テクノロジー犯罪が日本国内で解決できない事態となることを狙っているだろうと示唆。誠にありがとうございます。NHK。6:15。

 アラン・デュカスさんが緑の配色が画面にある中首を振るしぐさと"No"、加害勢力と密接な関係にある自民党にNOを突きつけるサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。NHK。9:52。

 「一つにまとまりつつある」加害勢力と自民党が融合して一つの組織になりつつあるという解決主体の示唆。誠にありがとうございます。日テレ。10:19。

 ロバート・キャンベル氏「短期決戦」、短期にテクノロジー犯罪や思考盗聴の国際的リスクをなくすため法制化しようというアメリカ・ヨーロッパなど解決主体のサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。日テレ。10:24。

 「目玉は何ですか」アメリカ・ヨーロッパの集団ストーカー・テクノロジー犯罪加害団体を想起させるリスクある被害者迎合のサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。日テレ。10:38。

 「引いた」アメリカ・ヨーロッパの加害秘密結社に出資していたもう一つのアメリカの巨大財団も彼らから撤退して資本出資を断ったというアメリカのサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。NHK。11:53。

 「お互い一緒に手を組むことができるようになりました」、海外の加害秘密結社に出資していた二つの巨大財団が手を組んで加害勢力を排除することで協力することを誓う解決主体のサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。TBS。12:46。


 「財布を奪われました」これで秘密結社への財政的な支援が断ち切られたというリスクある解決主体のサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。日テレ。16:17。

 「主催で劇団をやっている」この秘密結社が主催してほぼ全世界の集団ストーカー・テクノロジー犯罪が行われていることを示唆。誠にありがとうございます。日テレ。16:19。

 「やりとりした上で」この二つの巨大財閥が合意した上で今回秘密結社から手を切ることを決断したことを示唆。また、このことを私に公表させたことを示唆。誠にありがとうございます。日テレ。16:24。

 「刺激になった」ユダヤ人の富豪が先に秘密結社から手を切ることを決断したことによって、もう一方の巨大財閥も手を切ることを今回決断したことを示唆。誠にありがとうございます。日テレ。16:27。

 「ラストスパートを後押ししたいですね」、オバマ大統領の任期が切れる前に加害秘密結社を摘発しようとしているオバマ大統領を二大財閥も後押ししたいというサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。日テレ。16:33。

 「早めがお得」加害秘密結社と手を切るのは早めがお得というオバマ大統領のサブリミナル・メッセージ。一刻も早い思考盗聴の危機などを脱却する必要があります。日テレ。16:38。

 「自分のこととして考えています」オバマ大統領は日本の被害者の苦しみを自分のことのように考えているという励ましのサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。日テレ。16:41。

 「早め早めがお得です」この集団ストーカー・テクノロジー犯罪規制の動きに早く乗っかった方がより利益を被ることができるシステムにするという解決主体のサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。日テレ。17:11。