2015/09/13

メッセージ(513)

2015年9月9日・13日のサブリミナル・メッセージ
~メモを続けます~
-最終更新日: 2015年9月13日(日) -

2015年9月9日(水)
 「外に出す作業を続けています」欧米では、加害秘密結社の構成員を主要企業や政府から排除する運動が続けられていることを示唆。誠にありがとうございます。NHK。12:03。

2015年9月13日(日)
 「変わらず」、解決の体制は変わっていないという被害者への励ましのサブリミナル・メッセージ。「何としても」、何としても解決したいというアメリカ・ヨーロッパなど解決主体の示唆。誠にありがとうございます。NHKBS1。16:42。

 「そのまま」、現在の番組が被害者迎合割合が高いことを知らせる慣用表現。「待っています」、被害者が行く先に解決主体のサポーターが待っているという励ましのサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。NHKBS1。16:43。

 「楽にできる」、被害者の立場をより楽にできるという支援のサブリミナル・メッセージ。「変わりません」、解決の体制はこれからも変わらないという励ましのサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。NHKBS1。16:44。

 「ことごとくカバーします」、あらゆる場面で被害者をサポートするという解決主体の支援のサブリミナル・メッセージ。「出てくるかと思います」、必ず集団ストーカー・テクノロジー犯罪問題は公になるという示唆。誠にありがとうございます。NHKBS1。16:46。

 「これから先楽しみな」、被害者の人生はこれからだという励ましのサブリミナル・メッセージ。「あと一歩」、公になるまであと一歩であるという励ましのサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。NHKBS1。16:48。

 「使える」、被害者の防御のために在日の方々が活躍しているということを意味するサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。NHKBS1。16:50。

 「許している」、在日の方々は日本の集団ストーカー・テクノロジー犯罪の解決のために、日本の方を心情的に許し始めているという示唆のサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。感謝の言葉もありません。NHKBS1。16:52。

 「何とかしようという執念」、国際的に集団ストーカー・テクノロジー犯罪を解決しようと、オバマ大統領をはじめとするアメリカ・ヨーロッパが執念を見せているというサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。NHKBS1。16:53。

 「人望がある」「みんなが勝たしたい」「損はしない」「得しますね」「何でもこなせる」「死角のない」など一時的に被害者迎合割合を極めて高めて頂きました。誠にありがとうございます。BS11。17:13。