2015/09/21

メッセージ(518)

2015年9月21日・22日のサブリミナル・メッセージ
~メモを続けます~
-最終更新日: 2015年9月22日 (火) -

2015年9月21日(月)
 「負傷している」、アメリカの防衛戦の最前線で負傷した防御部隊の支援者がいることを示唆。誠にありがとうございます。日テレ。8:27。

 恵キャスター「事件なんですよ」、集団ストーカー・テクノロジー犯罪は事件だという解決主体の見解のサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。TBS。12:11。

 「何度も稽古した」、解決主体の防御部隊が被害者を守るために何度も訓練したことを示唆するサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。NHK。17:15。

 「ほぼ同じ」、これからの時間帯は加害勢力迎合割合と被害者迎合割合がほぼ同じ5割5割であることを示唆。誠にありがとうございます。NHK。17:16。

 番組中に文字が入る微弱な放送事故。加害勢力迎合割合が高いことを謝罪するリスクあるサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。BSジャパン。17:51。

2015年9月22日(火)
 「負けられない」、この問題が公になる直前にあって、加害勢力に負けられないという解決主体のサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。日テレ。5:22。

 「擁する」、解決主体は被害者から国会議員を輩出しようという試みであるという示唆のサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。日テレ。5:24。

 「引っ張ってほしい」、被害者にこの問題の解決をリードしてほしいという解決主体の助言のサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。日テレ。5:25。

 「2歩、3歩も進んでおりますので」、集団ストーカー・テクノロジー犯罪の国際的な解決がかなり進んでいることを示唆。誠にありがとうございます。日テレ。9:46。

 「やっと動き出した」、この問題の解決がやっと動き出したという解決主体のサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。日テレ。9:49。

 「唯一の解決策ということで合意している」、現在のところ、サブリミナル・メッセージの取り組みのみが唯一の集団ストーカー・テクノロジー犯罪の解決策であることを示唆。公にして現実に法規制しなければなりません。NHK。12:03。

 画面がゆがむ微弱な放送事故。加害勢力迎合割合が高いことを謝罪するリスクあるサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。日テレ。12:18。

 「域内の」、現在アメリカの防衛戦の内部に加害勢力の加害実行部隊が侵入していることを示唆。誠にありがとうございます。NHK。13:01。

 「対策をとるよう求めています」、アメリカ・ヨーロッパが主導して各国に加害勢力を摘発する準備を進めるよう指示が渡っていることを示唆。誠にありがとうございます。NHK。13:02。

 「本当に苦労したんだって分かります」、被害者に励ましのサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。NHKBS1。14:10。

 「一人じゃない」、被害者は孤独ではないよという解決主体の励ましのサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。日テレ。17:30。

 「暖かく迎えてくれる」被害者に励ましのサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。日テレ。17:44。