2015/10/09

メッセージ(526)

2015年10月9日のサブリミナル・メッセージ
~メモを続けます~
-最終更新日: 2015年10月9日 (金) -

2015年10月9日(金)
 「が入る」それまでは被害者迎合、以降は加害勢力迎合資本が流入することを示唆。誠にありがとうございます。フジテレビ。8:14。

 「も点在しており」、現在、私の外部に加害勢力の人的嫌がらせ部隊が配置されていることを示唆。テクノロジー犯罪が無力化される中、何とか人的嫌がらせだけは成功させようとしています。フジテレビ。10:06。

 「している」この先は加害勢力迎合部分もあることを示唆。誠にありがとうございます。フジテレビ。10:30。

 「ご相談に来ていただければ」、被害者に励ましのサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。NHK。11:52。

 高瀬キャスター「にある」、この12時のニュースには加害勢力迎合部分があることを示唆。誠にありがとうございます。NHK。12:00。

 アメリカ・ハリス司令官「大統領の決断に従って実行する」、アメリカとしても大統領の判断によってテクノロジー犯罪の軍事情報を公開するという決意のサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。NHK。12:09。

 アメリカ軍・ゴートニー司令官「我々もそのつもりだ」先ほどの大統領の意向に軍は従う方針であることを示唆する決意のサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。NHK。12:12。

 「昔から恐れられてきた」「ここが踏ん張りどころ」、アメリカ・ヨーロッパの秘密結社は数百年前の昔から人類に恐れられてきたことを示唆。解決にはここが踏ん張りどころであるという示唆。誠にありがとうございます。日テレ。12:28。

 マッカーシー院内総務が鼻に手を当てるしぐさ。アメリカ共和党としても当初に集団ストーカー・テクノロジー犯罪を規制する方針であることを示唆。誠にありがとうございます。NHK。13:04。

 「やめないと思いますね」、国内外の加害主体は集団ストーカー・テクノロジー犯罪という圧力を行使することをこれからもやめないだろうという解決主体の示唆。誠にありがとうございます。日テレ。15:18。

 「絶対手放さない」、アメリカ・ヨーロッパの秘密結社と日本の加害宗教団体は思考盗聴を可能にするテクノロジー犯罪の技術を絶対に手放そうとしないだろうという解決主体の示唆。誠にありがとうございます。日テレ。15:33。

 「なかなか大変ですよ交渉が」、集団ストーカー・テクノロジー犯罪を解決するに当たって民族間の融和に苦労するだろうという解決主体の示唆。誠にありがとうございます。日テレ。15:39。