2015/10/14

メッセージ(528)

2015年10月14日・16日のサブリミナル・メッセージ
~メモを続けます~
-最終更新日: 2015年10月16日 (金) -

2015年10月14日(水)
 海外の加害主体に迎合的な部分で画面がゆがむ微弱な放送事故。リスクを負った被害者迎合のサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。フジテレビ。5:55。

2015年10月16日(金)
 「そろそろ」、そろそろ被害者も社会的な行動が行えるようになるという励ましのサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。NHK。7:41。

 「駐留させる」、解決主体の支援者を引き続き被害者の周囲に駐留させるというアメリカ・ヨーロッパの示唆。誠にありがとうございます。NHK。7:45。

 井ノ原さん「もうそこまで来ている」、リポーター「もう少し」、被害者が行動できるのはもうそこまで来ているという励ましのサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。NHK。8:26。

 「晴れを約束できると思います」、被害者の人生の晴れを約束できるという解決主体の励ましのサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。NHK。11:59。

 オバマ大統領「体制を当面維持することを決めた」、被害者の防御態勢を当面維持することを決定したという励ましのサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。NHK。12:06。

 「限界だ」、被害者の負担は限界だというサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。NHK。12:08。

 朴槿恵大統領が加害勢力迎合配色が画面にそろった際に首を振るしぐさ。この問題の韓国の姿勢は変わらないというサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。NHK。12:09。

 「本当にそうだと思うんですけど」、先ほどのサブリミナル・メッセージは本当だという励ましのサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。TBS。12:21。

 「もう認めている」、ヨーロッパの機関は既にこの犯罪を認知している状態にあることを示唆。誠にありがとうございます。TBS。12:24。

田中泯さん「それがなかったらロボットですよ」、被害者に励ましのサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。NHK。12:43。

 「何かしらアドバイスする」、欧州の機関もこの問題の解決のために継続的にアドバイスしていくことを示唆。誠にありがとうございます。フジテレビ。12:47。

 ハセンサん「降りるべきではない」、被害者は現在継続して行っている解決の取り組みをあきらめるべきではないという励ましのサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。TBS。13:16。

 「PRしますから」、欧州の機関も実際にこの問題の反対を訴えていくという励ましのサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。TBS。13:28。

 秋篠宮紀子さまが右、左を向いてうなづかれるしぐさ。アメリカと欧州が解決に一定の合意を見たことを示唆。誠にありがとうございます。TBS。13:39。

 代シェフとリポーターの方が高い被害者迎合割合を実現していただきました。勇気づけられました。誠にありがとうございます。記録に残します。TBS。15:58。

 「戻りつつある」、ここ数日凄まじい加害勢力の攻撃がありましたが、加害行為を行っている人員がもといた地域に戻りつつあることを示唆。誠にありがとうございます。日テレ。16:53。

 「義務があった」、解決主体は被害者の人生に対してきちんと対価を払って人並みの生活をさせる義務があったという欧州の機関の示唆。誠にありがとうございます。日テレ。16:59。