2016/08/25

メッセージ(547)

8月18日~8月25日のサブリミナル・メッセージ
~最重要の進展がありました~
-最終更新日: 2016年8月25日(木)

2016年8月18日(木)
 「今後の動向を注目している」、中国としても今後の集団ストーカー・テクノロジー犯罪に関する世界的な動向を注目していることを示唆。誠にありがとうございます。NHK。7:39。

 「過ちを認める」、二大巨大財団が、これまで加害秘密結社に出資していた過ちを認めるというサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。テレ朝。9:38。

 「暖かく迎えてくれるのではないかと思います」、二大巨大財団の関連施設で被害者を暖かく迎え入れるという励ましのサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。NHK。10:20。

 「ギリギリのところで逆転して」、オバマ大統領の任期が切れるギリギリのところで解決主体が二大巨大財団の出資により逆転した状態になったという示唆。誠にありがとうございます。日テレ。10:22。

 「買収を終えています」、二大巨大財閥が加害秘密結社から反して資本出資することで、その他の財団・団体も続々と被害者迎合組織となりつつあることを示唆するサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。NHK。6:58ごろ。

 「取り組みの成果が出てきた」、解決主体の反集団ストーカー・テクノロジー犯罪の取り組みの成果が出てきたというサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。NHK。7:53。

 「夫婦のようなあうんの呼吸」、二大巨大財団が夫婦のようなあうんの呼吸によって被害者を防御しているという解決主体のサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。フジテレビ。18:02。

 「応じました」、もう一方の巨大財団も解決のための資本出資、防御に応じたというサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。NHK。18:07。

2016年8月20日(土)
 「寄付を行ってくれた」、共和党支持の巨大財団が被害者のためにメディアに資本を投じたことを示すサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。NHKBS1。3:16。

 「協力する考えを示した」「ともに協力していきたい」、二大巨大財閥が双方とも被害者迎合資本をメディアに投じて被害者を支援することを約束するサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。NHK。7:47。

 「うわまってしまう」、二大巨大財団の解決主体への参与によって、総資本の合計が加害勢力より解決主体の邦画上回ることを示唆するサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。NHK。7:49。

 「彼がどんな気持ちだったか分かる」「出せると思うよ」、後者は、二大巨大財団の解決主体参与によってこの問題を公にできるという励ましのサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。NHK。8:24。

 「ぜひ広がって欲しいですね」、現在、解決主体の枠組みに参与する企業・団体が増えていて、これがさらに増えて欲しいというサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。日テレ。9:22。

2016年8月21日(日)
 「どんな未来を描いていくのでしょうか」、世界の支配者は、加害秘密結社の寡頭支配のモデルを超えて、どのような未来像を描いていくのか注目されるというサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。NHK。9:01。

 「時代遅れの」」、ニューワールドオーダーは時代遅れであるという解決主体の示唆のサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。NHK。9:06。

 「とうとう明言しました」「急ぐんだ」「最終合意した」、集団ストーカー・テクノロジー犯罪は、ニューワールドオーダー推進のための暴力装置であったという示唆。急いでこれをやめ、加害秘密結社と手を切り、人類の未来のために二大巨大財団が最終合意したという示唆。NHK。9:08。

 「しっかり守り切っていきたい」、ロスチャイルド財団とロックフェラー財団は、協力して集団ストーカー・テクノロジー犯罪被害者を守り切っていきたいと思っていることを示唆するサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。NHK。9:09。

 「哲学的な議論となる」「攻めの姿勢で」、新たな人類の秩序のための議論は哲学的な議論になるとの示唆。攻めの姿勢で日本の被害者は発言して欲しいという示唆。誠にありがとうございます。NHK。9:56。

 「僕は今マイノリティ」、現在加害秘密結社は世界の主流派ではないという示唆。誠にありがとうございます。NHK。9:57。

 「日本から仕掛けていく」、世界平和のために日本から発信をしていくべきという解決主体の助言のサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。NHK。9:58。

 「人類が生み出してきた崇高な理念」、これを重視すべきというアメリカの助言のサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。NHK。9:59。

 「いい形で引き継がれていきまして」、オバマ大統領が、集団ストーカー・テクノロジー犯罪を解決に結びつける最大の遺産を残したというサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。NHK。10:06。

 「やっていることは同じ」、日本の加害特定新興宗教団体は、海外の加害秘密結社のノウハウをまねて、日本を部分支配しているという示唆。彼らも許されるものではありません。NHK。10:26。

 「二人そろってバックになる」、ロスチャイルド財団とロックフェラー財団が協力して集団ストーカー・テクノロジー犯罪被害者の後ろ盾となるというサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。NHK。10:33。

 「出し方などかなり言っているみたいですね」、ロスチャイルド財団、ロックフェラー財団が、集団ストーカー・テクノロジー犯罪を公にして報道するようアメリカ政府に助言をしていることを示唆。NHK。10:36。

 「知り合いなんですよ」、オバマ大統領とロスチャイルド卿は知り合いであるという示唆。「勝ちました」、解決主体の勝ちが確定したというサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。フジテレビ。15:56。

 「圧がものすごかった」、ロスチャイルド財団、ロックフェラー財団の過剰出資が凄まじく、加害秘密結社が資本の目減りを強要されていることを示唆するサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。BS11。17:00。

 「次にわたす」、オバマ大統領が、任期切れになる前に集団ストーカー・テクノロジー犯罪の解決のめどを立てた。あとは後続に任すというサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。テレ朝。17:03。

 「非常に大きな転換だろうと思われます」、二大巨大財団の決断は、世界の歴史において大きな転換だというアメリカのサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。テレ朝。17:46。

2016年8月22日(月)
 「お互いにお互いをたたえ合う」、ロスチャイルド財団とロックフェラー財団がともにたたえ合って被害者を助ける資本出資を行っているという解決主体の示唆のサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。NHK。0:43。

 「世界の強敵に一人では勝てないけどみんななら勝てる」、一致団結して加害秘密結社、特定新興宗教団体に立ち向かおうという解決主体の呼びかけのサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。NHK。0:56。

 「せき止めることはできない」、思考盗聴から人類を守るという歴史の流れはせき止めることができないというロスチャイルド財団、ロックフェラー財団のサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。NHK。2:46。

 「受け入れる準備を整えている」「速やかに体制を強化して」、解決主体が加害団体に出資している組織の脱退を歓迎するというサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。NHK。7:02。

 「本気で勝負にいった」、ロスチャイルド財団・ロックフェラー財団が本気で加害秘密結社と勝負をつけるために資本出資を行っていることを示唆。誠にありがとうございます。フジテレビ。10:12。

 "A great teacher" ノーベル委員会から助言のサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。https://www.facebook.com/nobelprize/?fref=nf … 11:52。

 「燃料補給ができなくなる」、加害団体に追加出資する存在がなくなってきているという解決主体のサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。日テレ。14:05。

 「話し合いが行われています」、今後思考盗聴技術を可能にするテクノロジー犯罪をどのように扱って人類の人権を守っていくか、今後の秩序についてロスチャイルド財団やロックフェラー財団、オバマ大統領など首脳で話し合いが行われているという示唆。誠にありがとうございます。日テレ。14:45。

 「肉声で語った」、ロスチャイルド財団、ロックフェラー財団の当主が肉声で集団ストーカー・テクノロジー犯罪の終焉と被害者の救済を話したというサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。日テレ。14:52。

 「激しく反発していて」、加害秘密結社や加害特定新興宗教団体が、二大巨大財団の決定に強く反発し、断末魔の加害行為に出ていることを示唆。誠にありがとうございます。日テレ。15:01。

 「傾いていて」、加害秘密結社の経済事情が悪化していることを示唆。誠にありがとうございます。フジテレビ。15:34。

 「人脈もあるし」「周りもほっとかない」、ロスチャイルド財団・ロックフェラー財団は人脈がすごく、いったん動き出したら周りも追随することを示唆。誠にありがとうございます。日テレ。15:35。

 「万全な体制にもってきている」、解決は盤石であるという解決主体のサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。日テレ。15:42。

 「最後の方に発表したいと思います」、オバマ大統領の任期の最後の方に集団ストーカー・テクノロジー犯罪が公表されるだろうという解決主体のサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。日テレ。15:44。

 「運行不能になりました」「大きく傾いています」、加害秘密結社が経営継続不能になりつつあることを示唆。誠にありがとうございます。日テレ。15:58。

 「自分たちのことを深く考える」、ロスチャイルド財団・ロックフェラー財団が自分たちの存在意義をあらためて深く考え直すというサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。日テレ。16:16。

 「何らかの対応を検討する必要がある」、二大巨大財団が、加害秘密結社に歴史的に出資してきた責任を取って、何らかの対応を検討する必要があるという結論に達したというサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。日テレ。16:19。

 「かなり少なくなってきました」、加害主体の投入可能な資本がかなり目減りしてきていることを示唆。誠にありがとうございます。NHK。16:54。

 「子供もいる」、加害特定新興宗教団体が、アメリカの防御電磁波を子供に受けさせて攻撃を行っていることを示唆。記録に残します。NHK。17:41。

2016年8月23日(火)
 「みんなの力を結集して」、あらゆる力を結集させて集団ストーカー・テクノロジー犯罪を解決するという解決主体のサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。TBS。7:16。

 「さらに大物の脱北者が出てくるだろう」、さらに大資本出資者が加害秘密結社から離脱するだろうというサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。TBS。13:19。

 「弱みは見せたくない」、加害団体が弱みを見せまいと出資を敢行し続けていることを示唆。誠にありがとうございます。TBS。13:20。

 「効果が現れている」、二大巨大財団が大資本を出資していることの効果が早くも出ているという励ましの示唆。誠にありがとうございます。TBS。13:21。

 「すごい数ですね」、現在福山に大量の加害者が加害行為にやってきていることを示唆。誠にありがとうございます。フジテレビ。15:31。

 「本当に暖かい出迎え」、本日スーパー銭湯に行った際に、同和・在日の方に暖かい防御をしていただいたというサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。フジテレビ。15:35。

 「出そうかな。迷っている。」、アメリカのメディアが集団ストーカー・テクノロジー犯罪を報道しようか迷っているというサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。日テレ。17:24。

 「頑張ってらっしゃいますよ」、二大巨大財団が出資を頑張っていることを示唆。「あと少しです」、被害者の皆さん、あと少しだから頑張ってというサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。日テレ。17:34。

2016年8月24日(水)
 「声をそろえて話していました」、ロスチャイルド財団・ロックフェラー財団がそろって集団ストーカー・テクノロジー犯罪反対を唱えるというサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。NHK。7:39。

 「看板倒れにならないようにしていきたい」、ロスチャイルド財団・ロックフェラー財団の名に恥じないように、集団ストーカー・テクノロジー犯罪に対して人権に満ちた対処を行っていきたいというサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。TBS。8:45。

 「全力で取り組んでいる」「なかなかないこと」、ロスチャイルド財団・ロックフェラー財団が現在全力で世界平和のために取り組んでいる。なかなかこういう転換はないことであるという示唆。誠にありがとうございます。日テレ。10:07。

 「大きな転換点を迎えることになります」、二大巨大財団の決断によって、世界の情勢は大きな転換点を迎えることになるという示唆。誠にありがとうございます。TBS。11:38。

 韓国、ユン・ビョンセ氏「団結した対応が重要」、中国、王毅氏「重要な役割を担う」、被害者に励ましと助言のサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。NHK。12:06。

 「情報公開していく」、ロスチャイルド財団・ロックフェラー財団が今後の方針を情報公開して透明性を確保していくというサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。TBS。12:34。

 「タブー視されてきた点を含めて詰めていかなければならない」、集団ストーカー、思考盗聴を可能にするテクノロジー犯罪はタブー視されており、その点も含めてこれを覆していかなければならないと示唆。誠にありがとうございます。テレ朝。12:59。

 「黙認している」、自民党は二大巨大財団が決定を覆した今も、加害特定新興宗教団体が集団ストーカー・テクノロジー犯罪を行っていることを黙認していることを示唆。テレ朝。13:00。

 「これ以上の広がりはなかった」、現在、日本の加害特定新興宗教団体や欧米の加害秘密結社の枠を超えてテクノロジー犯罪の技術の流出はないことが救いであるという二大巨大財団のサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。テレ朝。13:07。

 「衰退の一途をたどって」、二大巨大財団も、時代の流れか衰退の一途をたどっている。転換点を儲けなければならないと痛感したというサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。テレ朝。13:30。

 「閲覧できる予定」、二大巨大財団の秘密文書を閲覧できるようにするという示唆。「基金を設立している」、集団ストーカー・テクノロジー犯罪被害者のために救済基金を設立したというサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。テレ朝。13:32。

 「生まれてきてしまった」、悪魔崇拝の加害秘密結社については、歴史がその存在を生み出してしまったとしかいいようがないという示唆。後悔しても遅かったということでしょう。「内情を明かした」、二大巨大財閥が内情を明かしつつあるという示唆。誠にありがとうございます。フジテレビ。14:35。

 一端生み出された加害秘密結社というタブーの闇のビジネスには、世界中の誰も逆らえなかったという示唆。誠にありがとうございます。フジテレビ。14:36。

 「一家というと、からっと」、ロスチャイルド財団の中には、資産がもうほとんどない分家もいることを示唆するリスクあるサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。フジテレビ。14:48。

 「挟まれている」、現在、ロスチャイルド財団・ロックフェラー財団は、世界の屈強な資産家に挟まれて、競争が激化した状況の中に立たされていることを示唆。誠にありがとうございます。フジテレビ。14:49。

 「多いですよね、中国ではああいうことが」、国際機関の報告によると、中国ではテクノロジー犯罪は少ないものの、国家主導のガスライティングが極めて多いという示唆。誠にありがとうございます。フジテレビ。14:53。

 「チーム作って徹底的に調べ上げた」、アメリカ・オバマ大統領が解決チームを作って世界中の集団ストーカー・テクノロジー犯罪を徹底的に調査したことを示唆。「皆さんで考えていきた」、世界の主要な人物・組織でこの問題を考えていきたいというオバマ大統領の呼びかけ。フジ。14:57。

 「僕が行く」、枝野幸男氏・菅直人氏がまだ被害者の元に行くことをあきらめてないという示唆。誠にありがとうございます。フジテレビ。14:59。

 「無法状態が続いてしまっている」、集団ストーカー・テクノロジー犯罪については加害団体の無法状態が続いてしまっていることを示唆。誠にありがとうございます。フジテレビ。14:59。

 「インターネットの認識次第」、やはり、この問題を動かすのは、主に発言が自由なインターネットでの拡散次第であるという示唆。誠にありがとうございます。フジテレビ。15:00。

 「独自に対策を作っております」、海外の加害秘密結社が、自らの世界支配を遂行する日本の期間として、日本の加害特定新興宗教団体を育て上げたことを示唆。誠にありがとうございます。フジテレビ。15:00。

 「使用がされている」、ニューワールドオーダーの遂行のために、特定新興宗教団体も加害秘密結社からの命令を受けて使用されているという示唆。誠にありがとうございます。フジテレビ。15:02。

 「一斉感電」、アメリカの防御技術とは、圏内にいるテクノロジー犯罪のデバイスを使用した人物を、一斉に痛撃電磁波で攻撃するものであるという示唆。誠にありがとうございます。フジテレビ。15:03。

 「全員無事だった」、今回の加害団体の私への攻撃オペレーションには、子供が多く使用されたが、彼らに対して仕方なしに痛撃電磁波を照射したが、全員無事だったというアメリカの示唆。誠にありがとうございます。フジテレビ。15:04。

 「投稿しております」、多くの付随加害団体が解決主体に投降していることを示唆。あとは加害秘密結社、加害特定新興宗教団体本体のみです。誠にありがとうございます。フジテレビ。15:08。

 「危害を与える可能性がある」、末期的な状況に追い込まれた加害秘密結社、特定新興宗教団体は、人を直接殺傷する行動に出る可能性があるという示唆。誠にありがとうございます。フジテレビ。15:09。

 「大バトルが起こった」、この1週間ほど、加害秘密結社と解決主体、巨大に大財団で事実上戦争投資といっていい状態になってきたというサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。フジテレビ。15:10。

 「ゆだねられることになり」、解決は、オバマ大統領の手から被害者の手にゆだねられていくだろうというサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。フジテレビ。15:11。

 「即興で作った」、二大巨大財団を含め、オバマ大統領が即興で解決チームを作ったという示唆。誠にありがとうございます。フジテレビ。15:13。

 「追放」、このような状況になっても加害特定新興宗教団体に頼っている自民党は追放すべき存在であるという示唆。誠にありがとうございます。フジテレビ。15:13。

 「ほぼゼロになった」、加害秘密結社の可処分資産が、ロスチャイルド財団・ロックフェラー財団の過剰出資の敢行によりほぼゼロになりつつあるという示唆。誠にありがとうございます。フジテレビ。15:15。

 「地上配備型」、テクノロジー犯罪は、地上配備するもので、衛星は使用されていないことを示唆。誠にありがとうございます。フジテレビ。15:16。

 「死亡したとみられます」、日本の加害特定新興宗教団体のカリスマ指導者は、死亡したとみられているというリスクある示唆。誠にありがとうございます。フジテレビ。15:16。

 アメリカの防御部隊の判断が神業であるという示唆。誠にありがとうございます。フジテレビ。15:17。

 「何人か関与している」「それを突き止めることも重要」、ロスチャイルド財団・ロックフェラー財団の中には、加害秘密結社に極めて近しい首謀者がいて、それを突き止めることも重要という自戒のサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。日テレ。15:39。

 「限られた時間の中で」「頑張っている最中です」、オバマ大統領の任期中に加害秘密結社を摘発できるよう、ロスチャイルド財団・ロックフェラー財団が出資を極めて強めて頑張っているという示唆。誠にありがとうございます。日テレ。15:43。

 「警戒をしてください」、加害秘密結社、加害特定新興宗教団体は末期状態であり、集団ストーカー・テクノロジー犯罪被害者の皆さんはくれぐれも気をつけて欲しいというサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。日テレ。15:48。

 「あとちょっと」、あともうほんの少しで集団ストーカー・テクノロジー犯罪が公開されるだろうというアメリカのサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。日テレ。15:50。

 「私はそうは思えない」「もう嫌」、トランプ氏・クリントン氏ともに加害秘密結社のことを快く思っていない、アメリカ社会としてもうごめんだという存在だというサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。NHK。17:23。

 「に左右されない」「試される」、世界は加害秘密結社や特定新興宗教団体の闇の陰謀に左右されない平和な社会を築けるかという分岐点にあるという解決主体のサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。NHK。17:25。

2016年8月25日(木)
 「まいりました」「タッグを組むとここまですごい」、ロスチャイルド財団・ロックフェラー財団がタッグを組むことによって、加害秘密結社がほとんど敗北した状態にあるという示唆。誠にありがとうございます。NHK。9:48。

 「入れなかった」、自民党が解決主体の資本流入を防いで、加害特定新興宗教団体のために資本流入を優先させたことを示唆。誠にありがとうございます。NHK。9:49。

 「結構高値で取引されますよ」、メディアの買収レートが極めて高めで取引されていることを示唆。ここに二大巨大財団が過剰出資しているので、加害秘密結社は資本の目減りを強要されていることを示唆。誠にありがとうございます。NHK。9:53。

 「見てみましょう」、ロスチャイルド財団・ロックフェラー財団の本家の方が集団ストーカー・テクノロジー犯罪被害者のブログを閲覧することを約束するサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。フジテレビ。10:44。

 「希望になって欲しい」、イタリアから被害者にリスクある励ましのサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。NHK。12:01。

 アメリカ・アーネスト報道官「明確なメッセージを送る手段は確実にある」、現在は二大巨大財団によってメディア上の安全が確保された状態であることを示唆。誠にありがとうございます。NHK。12:04。

 「全容解明を進める方針です」、集団ストーカー・テクノロジー犯罪と加害秘密結社のニューワールドオーダーについて、全容解明を進めるという解決主体・ロスチャイルド財団・ロックフェラー財団の決意のサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。NHK。12:09。

 「事実が言えなかった」「言えない仕組み・壁みたいなものがあった」、これまで加害秘密結社のニューワールドオーダーについて公に発言した人物は抹殺されてきていたため、この問題について誰も何も言えなかった、というサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。NHK。12:14。

 「急いでいます」、加害秘密結社の全容解明をオバマ大統領の任期中に行うために、解決主体・ロスチャイルド財団・ロックフェラー財団は急いでいるというサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。NHK。12:15。

 「厳しい非難は免れない」、ロスチャイルド財団・ロックフェラー財団は加害秘密結社の陰謀に出資していたため、厳しい非難は免れないと覚悟しているというサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。NHK。12:17。

 「分からなかった」「言いづらかった」、ロスチャイルド財団・ロックフェラー財団ともに加害秘密結社に盲目的に出資しており、彼らがどのようなことを行っているか分からなかったし、タブーがあったために何も言えなかったと示唆。誠にありがとうございます。NHK。12:17。

 「もう間違いない」、ロスチャイルド財団・ロックフェラー財団の出資の取りやめと被害者への援助の開始によって、集団ストーカー・テクノロジー犯罪問題が解決に向かうのは間違いないというサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。NHK。12:19。

 「相乗効果」「経済効果」、ロスチャイルド財団・ロックフェラー財団はこの問題解決によるお互いの相乗効果と世界平和の貢献による経済効果を見込んで解決主体の枠組みに参与したというサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。NHK。12:20。

 「追い込まれた」、これで加害秘密結社は追い込まれたというサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。TBS。12:21。

 「戒めになった」、ロスチャイルド財団・ロックフェラー財団が自戒を込めて解決主体の枠組みに参加させていただくというサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。NHK。12:22。

 朴槿恵大統領「もはや仮想のものではない」「新しい防衛対応を迫られる」、思考盗聴をはじめとするテクノロジー犯罪の技術はもはや仮想のものではないというサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。TBS。12:27。

 「成功中の成功」、枝野幸男・菅直人氏に始まった日本のサブリミナル・メッセージの取り組みは、6年を経て完全な成功に至ったという解決主体の賞賛のサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。TBS。12:33。

 「4年か5年の計画を立てて」、数年単位でこの犯罪を抑止する法整備を行い、条約化する計画を早急に立てて欲しいというアメリカからの助言のサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。TBS。12:44。

 「見限った」、ロスチャイルド財団・ロックフェラー財団は悪魔崇拝の加害秘密結社を見限ったというリスクあるサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。TBS。12:46。

 「国連で」、被害者は国連でスピーチをして欲しいという解決主体のサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。日テレ。15:02。

 「一刻も早く救出・救助したい」、アメリカ・ヨーロッパ先進諸国は、集団ストーカー・テクノロジー犯罪被害者を一刻も早く救出したいというサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。日テレ。15:03。

 「何とかならないんですかね」、アメリカ・オバマ大統領ら解決主体は、自民党に何とか加害特定新興宗教団体と袂を分けられないかと打診しているというサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。日テレ。15:05。

 「確実にくるぞ」、枝野幸男氏・菅直人氏が必ず被害者の話を聞きに訪問するぞというサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。日テレ。15:06。