2019/06/23

メッセージ(570)

2018年2018年10月23日~10月24日のサブリミナル・メッセージ
~引き続きツネイシホールディングスの進展情報です~
-最終更新日: 2018年10月24日(水)

2018年10月23日(火)
「皆さんとともに迎えたい」、ツネイシのオーナーから被害者に励ましのサブリミナルメッセージ。NHK。7:54。

「聞いてみたいことは」、ツネイシの社長やオーナーに効いてみたいことはあるかという調整のサブリミナルメッセージ。NHK。7:55。

「ニコニコと笑顔がいっぱい出たのが嬉しい」、ツネイシの施設を使ってくれて喜んでくれて嬉しいというツネイシのサブリミナルメッセージ。NHK。7:56。

「当たっている」、ツネイシのオーナーが直に県・市の関係者や他企業にあたってみているというサブリミナルメッセージ。フジテレビ。8:01。

「甚大な被害が発生した」、調査してみると、やはりカルトの乗っ取りによって相当額の会社資産を失ってしまったというツネイシの告白のサブリミナルメッセージ。フジテレビ。8:02。

「自分たちのポジションどうなるの」、カルトが、自分たち宗教団体員がポストを自在に操りたいと、ツネイシへの乗っ取りを企てたというサブリミナルメッセージ。テレ朝。8:03。

「今のままだと成り立たなくなっている」、カルトを会社のガバナンスに使用する自民党系企業のやり方は、人権上行き詰まりを見せているというツネイシの回答のサブリミナルメッセージ。テレ朝。8:04。

「100年安心じゃない」、ツネイシがこのままカルトをガバナンスに使用する方法では今後100年の事業継続が不可能ではないのかという感想のサブリミナルメッセージ。テレ朝。8:05。

「ほぼ2倍」、ツネイシは、部門によって異なるが、従業員の不況時の離職率が高いので、加害団体構成員への依存率が、低離職率の企業に比べて2倍であるというオーナーの回答のサブリミナルメッセージ。テレ朝。8:08。

「死者が出ている」「催促していた」「遅れを挽回するため」、ツネイシでは加害カルトが原因の死者が出ている。オーナーは直接利用していないが、各部門に人員確保の催促をしていた。他社との遅れを挽回するためだったというサブリミナルメッセージ。記録に残します。テレ朝。8:13。

「もう組み込まれているものだから」、ツネイシに現在就業しているカルトの人物は簡単に首を切れないという会社の事情のサブリミナルメッセージ。テレ朝。8:14。

「日本が作った」、加害カルトに依頼していたのは、歴代の自民党系の役員だというサブリミナルメッセージ。テレ朝。8:14。

「5000円札を奪った」、調子に乗って肥大化した加害カルトが、会社の資産を相当額強奪に近い状態で持ち出したというツネイシのサブリミナルメッセージ。テレ朝。8:15。

ツネイシによって、自民党系の利益追求型の企業が、ガバナンスに加害カルトを使用しない時代が到来しようとしています。感謝しなければなりません。テレ朝。8:16。

「しぐさや行動がそっくり」、加害カルトの従業員は、入社したての社員には見分けはつかない。うっかりと彼らの罠にはまって会社から資産を持ち出す罠が仕掛けられていたというツネイシのサブリミナルメッセージ。テレ朝。8:17。

「去っていきます」、社内が加害カルトばかりだと分かって、彼らが幅を利かせていると分かると、多くの社員が短期的にやめていく。悪い循環だというツネイシのオーナーの告白のサブリミナルメッセージ。オーナーは社員を純粋な保守系の社員で揃えたいようです。テレ朝。8:20。

「放っておいたら処分されるから」、現在のツネイシのオーナーのこの動きに反応して、加害カルトが反乱して集団ストーカー行為を激化させていることを示唆。誠に申し訳ございません。テレ朝。8:23。

「飼育されているのは間違いない」、加害カルトの人物が、会社に利用されながら生きながらえているという構造が自民党系企業の内部に存在する、したがってビジネスチャンスは大いにあると考えているツネイシのオーナーのサブリミナルメッセージ。テレ朝。8:24。

「入れないと餌が出ない」、従業員の引き留めなどの成果を出さないと、加害カルトの人物には恩給が支払われないというサブリミナルメッセージ。構造上の問題です。テレ朝。8:25。

「どけてから」、ツネイシのオーナーは、加害カルトの人物を、特に執行役員から排除する方針であるというサブリミナルメッセージ。テレ朝。8:26。

「前例がない」、ツネイシが行おうとしている、自民党内部で加害カルトをガバナンスに用いない社内統治方法は、歴史上恐らく国外においても前例がないことを示唆するサブリミナルメッセージ。テレ朝。8:27。

「穴の開けようのない」、加害カルトは、直接の殺人は行わない。歴史上集団ストーカー・テクノロジー犯罪による自殺がほぼすべて。ツネイシの社員は安心してほしいというサブリミナルメッセージ。NHK。8:29。

「お友達も同業者もいて」、ツネイシのオーナーが、自分の友人の起業家も、造船業界の同業者も、構造的に状況は同じだろうというサブリミナルメッセージ。日テレ。8:32。

「よっぽど誠実に謝罪したんだろうな」加害行為を行っていた女性社員が誠実に謝罪したという示唆。「緊張しないとダメ」被害者にある程度緊張感を持って仕事に臨んでほしいというサブリミナルメッセージ。「完璧にしないと」バラク・オバマ元大統領から助言。日テレ。8:34。

「切り替えて」「そこが課題」、気持ちの切り替えが課題だよという当時の上司の助言のサブリミナルメッセージ。日テレ。8:43。

米・トランプ大統領「彼らへの経済支援は打ち切られることになる」、合法的な暴力として使用されてきた加害カルトなど集団ストーカー・テクノロジー犯罪加害行為要員への経済的な優遇がこれからは国際的に打ち切られていくだろうというトランプ大統領のサブリミナルメッセージ。NHK。9:04。

「詳細な安全点検を行っている」、ツネイシのオーナーが、現在社会貢献事業部門のビジネスモデルの詳細な安全チェックを行っている。もう少し待ってほしいというサブリミナルメッセージ。NHKBS1。9:56。

「通過したことを明らかにしました」、ツネイシから被害者に伝達事項のサブリミナルメッセージ。NHK。10:00。

「開かれた」、ツネイシから被害者に伝達事項のサブリミナルメッセージ。ツネイシの事実上のトップ会議が行われたことを示唆。NHK。10:01。

「対立が深まっており」「激しい反発が予想されます」、ツネイシ内部において地位を奪われそうな加害カルトが恐らく反乱を起こすだろうというツネイシの見立てのサブリミナルメッセージ。NHK。10:02。

「大きく揺らぎました」、今ツネイシ内部が大きく揺れているというサブリミナルメッセージ。記録に残します。NHK。10:06。

「肯定的にとらえている」、被害者に特定の事項を伝えるサブリミナルメッセージ。誠にありがとうございます。NHK。10:07。

「連携を深めている」、現在国内左派政党と加害カルトは連携を深めていることを示唆。記録に残します。NHK。10:09。

「絶好のチャンス」「多くの人を受け入れていきたい」、ツネイシが、カルト犯罪被害者を受け入れることを大きなビジネスチャンスととらえている。多くの被害者にツネイシを利用してほしいというサブリミナルメッセージ。NHK。10:10。

「その後、苦難の歴史を歩みました」、ツネイシで、私に好意的にかかわった社員は、冷遇されたというサブリミナルメッセージ。本当に申し訳ないです。責任放棄と同じですね。NHK。10:11。

「150年を考えることができる」、ツネイシで、現行のカルトを用いたガバナンスモデルを率先して克服したら、次の100年の事業を視野に入れることができるとオーナーが意欲的になっているというサブリミナルメッセージ。NHK。10:14。

「ずいぶん本格的でしたね」、被害者のネットコンテンツを評価するツネイシのオーナーのサブリミナルメッセージ。フジテレビ。10:20。

「手間がかかってしまう」、社会貢献事業部門のビジネスモデルの安全点検には、歴史上類を見ない試みなのでどうしても時間がかかってしまう。許してほしいというツネイシのサブリミナルメッセージ。フジテレビ。10:21。

「綺麗です」「ふらっと気軽に」、私のブログデザインが美しいというツネイシのオーナーの褒めのサブリミナルメッセージ。ふらっと気軽に新勝寺温泉や新勝禅寺に立ち寄ってほしいというサブリミナルメッセージ。フジテレビ。10:22。

「ご紹介しましょう」「言いたいことを言い」「滅茶苦茶かわいがってもらえる」「いろいろご苦労が多い」、ツネイシのオーナーから被害者に伝達事項のサブリミナルメッセージ。2番目は言いたいことを言ってくださいねというもの。フジテレビ。10:26。

「財務省もこれを認めています」、ツネイシの幹部の方も加害カルトの犯罪事態を内々に認めるようになったという助言のサブリミナルメッセージ。誠にありがとうございます。テレ朝。10:32。

「対等な立場で」「確認します」、ツネイシのオーナーが、上下関係関係なく、対等な立場でものを言う職場を目指したいと意気込んでいるサブリミナルメッセージ。テレ朝。10:34。

「みんながやる気がなくなる」、あまり被害者を厚遇していたら、他の従業員がやる気がなくなるから、調整は任せてほしいというサブリミナルメッセージ。承知いたしました。テレ朝。10:35。

「父親が... お知りになりました」、現オーナーのお父様が社会貢献事業部門のアイデアをお知りになられたというサブリミナルメッセージ。誠にありがとうございます。よろしくお願いいたします。テレ朝。10:36。

「悔しい」、ツネイシのオーナーレベルの会話で、自分の企業でこれだけカルトが幅を利かせて会社の財を簒奪してきたのは悔しいというのが正直な感想だというサブリミナルメッセージ。記録に残します。テレ朝。10:40。

「証拠を隠滅した」、外部カルトに加害行為を依頼した当時の部付部長はツネイシ社内で証拠を隠滅した疑いがあるという社内調査結果のサブリミナルメッセージ。TBS。11:42。

「長官自身が現地に入る予定」、被害者に特定の人事を伝えるサブリミナルメッセージ。誠にありがとうございます。TBS。11:43。

「心が勇気づけられる」、被害者のサブリミナルメッセージで解決が前進しているのを見ると心が勇気づけられるというジェイコブ・ロスチャイルド卿の励ましのサブリミナルメッセージ。誠にありがとうございます。NHK。11:45。

「悲しい思いをさせてないか心配だ」、ジェイコブ・ロスチャイルド卿が被害者のことを心配するサブリミナルメッセージ。「いっぱい愛をもらった」、ジェイコブ・ロスチャイルド卿から被害者に励ましのサブリミナルメッセージ。誠にありがとうございます。NHK。11:46。

「成績がよかったら」、ツネイシはかなり成果主義だ。成果を上げるようサポートするから頑張ってほしいというオーナーのサブリミナルメッセージ。NHK。11:47。

「いろいろ失敗した」「古いものを残そうとした」、ツネイシのオーナーから被害者に助言のサブリミナルメッセージ。この犯罪の解決には、リベラルより保守の方が正しいという被害者が多いのが事実です。NHK。11:47。

「中央部分が高くなるように、高低差をつけた」、ツネイシの人事考課を、中間層に厚みを持たせて、成果主義を取り入れたというオーナーのサブリミナルメッセージ。楽しみです。NHK。11:51。

「ストレスなく、のびのびと」、ツネイシから提案のサブリミナルメッセージ。NHK。11:51。

「今だからこそ」、ツネイシの施設は今のうちに利用しておいてほしいというオーナーからの助言のサブリミナルメッセージ。了解いたしました。できるだけ利用させていただきます。NHK。11:54。

「同様の問題がなかったか調査を行っていて」、ツネイシが私の事例以外の加害カルトの社内被害について調査中であることを示唆。NHK。12:01。

「民間に率先して進めていくべき」、ツネイシが行っている集団ストーカー・テクノロジー犯罪被害者救済事業に対し、他にも民間で手を上げる場所はないか自民党が推すサブリミナルメッセージ。NHK。12:03。

「切った」、ツネイシは、社内で集団ストーカー・テクノロジー犯罪を斡旋していた幹部を退職させたというサブリミナルメッセージ。圧力に屈しない体制を評価させていただきます。NHK。12:05。

「ずっと通話している」「装置を戻さなかった」、その幹部が外部の団体構成員と圧力の話をしており、社内にテクノロジー犯罪デバイスを向けていた事実が分かったというツネイシのサブリミナルメッセージ。NHK。12:06。

「解消させる」、ツネイシが被害者にこれまでの給与相当分を純粋に支払うという示唆。誠にありがとうございます。NHK。12:07。

「資本を増強させます」、ロスチャイルド家の資本提供がツネイシに対して行われている。これで世界はツネイシを中心にこの犯罪解消に動くだろうというアメリカの見立てのサブリミナルメッセージ。NHK。12:08。

「他社との提携を視野に」、ツネイシが、他社との横の展開を目指してビジネスを模索しているというオーナーのサブリミナルメッセージ。NHK。12:08。

「水を届けることになっています」、ツネイシから提案のサブリミナルメッセージ。ありがとうございます。NHK。12:09。

「確かに少しいざこざがあったのだが、互いに褒め合っていたのだ」、米・トランプ大統領もツネイシと被害者の融和を斡旋・助長するサブリミナルメッセージ。誠にありがとうございます。NHK。12:10。

湯崎知事「つないでいくというのが重要」被害者に結婚してもらって子供を持ってほしいというツネイシのオーナーの温情のサブリミナルメッセージ。誠にありがとうございます。NHK。12:17。

湯崎知事「将来的には英語版の作成も視野に入れておりまして」、ツネイシが、被害者のネットコンテンツの英語版を将来作成したいと思っていることを示唆。NHK。12:17。

「引っ込んでます」、当時私に加害行為を行った自覚症状のある社員は、今ツネイシでは控えめにふるまっていることを示唆。TBS。12:21。

「エネルギーがなくなっていくので」、これまで、イルミナティが無尽蔵に活動できていたのは、通貨発行権を持っていたロスチャイルド家が君臨していたからで、脱退して健全化した今、イルミナティ残党はすぐに体力がなくなるだろうというジェイコブ卿の見立て。誠にありがとうございます。TBS。12:23。

「もう少しまだ強い雨が降るかもしれない」、NO.2がまだ積極的に出資しているので、時間の短い集中攻撃がまだ展開可能であるというジェイコブ卿から情報提供のサブリミナルメッセージ。誠にありがとうございます。TBS。12:25。

「連絡がちゃんと行き届かなかった」、私のカルトからの総攻撃の情報が、オーナークラスまで情報としてあげられていなかったというご本人から情報提供のサブリミナルメッセージ。フジテレビ。12:26。

「一斉に連絡がつくような体制がこれでつく」、現在、ツネイシ内部では、特定社員がカルトから集中攻撃を受けたら、すぐにオーナーレベルにまで話が通って、対処できる体制が整っていることを示唆。フジテレビ。12:27。

「自分の手で止める」、ツネイシのオーナーレベルが、自分の声で加害カルトと交渉して従業員に対する集団ストーカー・テクノロジー犯罪をやめさせる覚悟だというサブリミナルメッセージ。フジテレビ。12:28。

「現場にいる人からも投げられる状態だったら」、役員クラスだけでなく、従業員レベルでも、加害カルトの緊急事態をオーナークラスに直接相談できれば事態は改善するというオーナーの案のサブリミナルメッセージ。誠にありがとうございます。フジテレビ。12:29。

「そこまで飛んじゃっている」、私に加害行為を行った女性社員は現在行動を改めているものの、落ち込んでいる。助けてあげてほしいというオーナーのサブリミナルメッセージ。了解いたしました。フジテレビ。12:30。

「今までは滞りなく何十年も行われていたのだが」「見直していかなければならない」、社内ガバナンスに加害カルトを使用する方法は何十年も慣行として行われていたが、今回を契機に改めなければならないというトップの決断のサブリミナルメッセージ。誠にありがとうございます。フジテレビ。12:31。

「もし何かあったらそこでやめていいぞ」、ツネイシで加害カルトから攻撃を受けた場合、オーナークラスでも解決できない事例は、他社を紹介するなどして辞職をこれまでより容易に認める方針であるという社長のサブリミナルメッセージ。誠にありがとうございます。フジテレビ。12:33。

「危険を宣言する権利がある」、社員は加害カルトの報復を黙っていないで直属の上司に相談する権利があるというオーナーのサブリミナルメッセージ。フジテレビ。12:33。

「結構なプレッシャーの中で仕事をしている」、ツネイシ内部では、役員クラスの社員も、いつ加害カルトから報復を受けかねないという恐怖感とともに仕事をしているという示唆。フジテレビ。12:34。

「監督さんの指示が伝わらなかった」、当時、ツネイシ野球部の監督が加害カルトの従業員に加害行為をやめるよう命令したが、従わなかったという事情もあったという当時の情報提供のサブリミナルメッセージ。フジテレビ。12:36。

安倍首相「あげたい」、被害者に励ましのサブリミナルメッセージ。誠にありがとうございます。NHK。13:02。

安倍首相「新たな段階におしあげたい」、首相としても、脱カルトの動きを自民党内部から始めていきたいという示唆。「慎重に行ってもらいたい」ただし、人命が損なわれることのないよう慎重にという助言のサブリミナルメッセージ。誠にありがとうございます。NHK。13:02。

「収益の一部が収入となっている」、ツネイシの収益の一部がすでに恒常的に加害カルトの収入源となっているというオーナーレベルから告白のサブリミナルメッセージ。記録に残します。NHK。13:03。

「会員登録を目指す」、ツネイシは、被害者を募るのに、会員制として、加害者が入り込まない制度を作り上げたいというオーナーレベルの決断のサブリミナルメッセージ。誠にありがとうございます。NHK。13:05。

"has done a fantastic job" "Hard working and very smart" 米・トランプ大統領から被害者に励ましのサブリミナルメッセージ。誠にありがとうございます。13:25。
https://twitter.com/realDonaldTrump/status/1054588738641178624

安倍首相「歴史の転換点を迎えようとしている」、時代はポストイルミナティに移行しようとしているというサブリミナルメッセージ。誠にありがとうございます。NHK。15:01。

安倍首相「参ります」、被害者の元へ行くという励ましのサブリミナルメッセージ。誠にありがとうございます。NHK。15:02。

菅官房長官「意見交換をする予定だ」、ツネイシの対カルト被害者救済事業に合わせて、自民党も被害者と意見を交わす予定だというサブリミナルメッセージ。NHK。15:04。

菅官房長官「すでに一定の役割を果たした」、被害者は、時代の移行に際し、一定のクリティカルな役割を果たしたという励ましのサブリミナルメッセージ。NHK。15:03。

ジェイコブ・ロスチャイルド卿が、ツネイシとの話が先に進むのを楽しみにされているそうです。そのため、辛い投資オペレーションを率先して行われているとのことです。誠にありがとうございます^^ 17:54。

ジェイコブ卿は、日本時間に合わせて投資オペレーションを敢行されているそうです。かなり体調を崩されているのではないでしょうか?誠に申し訳ございません。いつもありがとうございます^^ 18:06。

ジェイコブ卿が平和貢献への意欲を維持されるためには、私は何でもさせていただきます。お互い認められない日が続きますが何とか頑張ってしのいでいきましょう^^ 18:18。

イルミナティの体制がなぜ存続したかですが、ロスチャイルド家の血を継ぐ闇の人物やNO.2の影響が強いとのことです。ジェイコブ卿は、彼らがいなかったら温厚な人物のままいられたとのことです。このまま世界平和を担う活動をどうかお続けください。18:27。

ジェイコブ・ロスチャイルド卿は、これまで人生の長い間を、家系によって受け継がれた闇の欲求充足を求められてきたとのことです。人間としての善意を押し殺されていたとのことです。記録に残します。18:49。

ジェイコブ・ロスチャイルド卿が、自分の役割は、資産を半減させてでも中間層を増幅させ、世界経済を再び活性化することだと認識されたとのことです。この思いを新たにしているとのことです。記録に残します。19:05。

「寝る間も惜しんでいる」、ジェイコブ・ロスチャイルド卿が、寝る間も惜しんでツネイシの被害者救済事業をバックアップしていることを示唆。誠に申し訳ございません。テレ朝。22:43。

「ものすごい謙虚な方」「本当に大事にされている」、ジェイコブ・ロスチャイルド卿はものすごい謙虚な方、イルミナティ犯罪被害者を非常に大切にされていることを示唆するサブリミナルメッセージ。誠にありがとうございます。テレ朝。22:46。

「知っておいていただきたい」、ツネイシのオーナーがリスクを負って自己を開示するサブリミナルメッセージ。誠に申し訳ございません。テレ朝。22:48。

「前だったら絶対死んでいたかもしれない」、ジェイコブ・ロスチャイルド卿が、被害者の情報開示は、以前だったら死んでいた可能性が高いことを示唆する教示のサブリミナルメッセージ。記録に残します。テレ朝。22:49。

「これが最初で最後のピンチでした」、ツネイシの川本会長が、私がある失敗を起こした際のことを教えるサブリミナルメッセージ。誠に申し訳ございません。テレ朝。23:57。

「積極的に発表したい」、ツネイシの社会貢献事業部門のプランは、ツネイシ側が積極的に発表したい事項であるというオーナーのサブリミナルメッセージ。テレ朝。23:01。

「いろんな可能性がある」、ツネイシの社会貢献事業部門は、それ以外にも様々なビジネスプランがあるというオーナーのサブリミナルメッセージ。テレ朝。23:02。

菅官房長官「一定の時間を要する見込みです」、ツネイシが社会貢献事業部門の立ち上げには一定の時間を要するというサブリミナルメッセージ。誠にありがとうございます。テレ朝。23:05。

「活躍する」「感謝する必要がある」、ツネイシのオーナーから諫言のサブリミナルメッセージ。誠に申し訳ございません。テレ朝。23:08。

"you need to relax" 偉い人の前でもリラックスしてくださいというツネイシのオーナーから助言のサブリミナルメッセージ。23:12。
https://www.facebook.com/nobelprize/photos/a.164901829102/10155955850689103/?type=3&__xts__%5B0%5D=68.ARC0o8vhq-D5f-BKc3n9WYnvOti_Sv6v23vQYb2FATOvaTD6VGjLA4nv3MxuNYxyCjm7Fl2u31HuT5udQnYfbCqzrB7m1zf1Zcon1GArHxQBUOplJGhtteVrJNjTb8NJC0hYcnHGddj_5vpii2NWUhzsPUNxzi6s_4W--fDU3bY0MbY7k5VaWbAjuWUcPWJRPGou79eoZkM0yzym--dQK_A001kVMg&__tn__=-R

「人脈づくりを進めていた」、ツネイシの川本社長は、私がツネイシに定着するよう人脈づくりを進めていたことを示唆。誠に申し訳ございません。NHK。23:14。

「聞いた」、ツネイシのオーナークラスが、被害者のウェブコンテンツを今も確認していることを示唆。誠にありがとうございます。NHK。23:15。

「7月には」、半年間はビジネスモデルを温める期間を想定しているというオーナーのプランのサブリミナルメッセージ。NHK。23:15。

「多く集まった状態」、今福山地方は加害カルトの人的嫌がらせ実行部隊が多く駐留しているというサブリミナルメッセージ。NHK。23:17。

「ために何ができるか仲間の間で話していた」「最大限伝えてほしい」、被害者に励まし。ツネイシとしても社会貢献事業部門のプランは大々的に宣伝してほしいというオーナーのサブリミナルメッセージ。NHK。23:20。

「絞り込めない」、ツネイシのオーナーが、働き始めたらダイエットできないので今のうちにしておいてほしいという助言のサブリミナルメッセージ。NHK。23:27。

「了解を得たものについて公表」、クライアントの公表が得られた成功事例は公表したいというオーナーのプランのサブリミナルメッセージ。NHK。23:30。

「すごく気持ちが軽くなりました」、ジェイコブ・ロスチャイルド卿から感謝の念のサブリミナルメッセージ。誠にありがとうございます。NHK。23:31。

「高く評価されている」、ツネイシのオーナーのお父様が被害者のアウトプットコンテンツを高く評価しているという励ましのサブリミナルメッセージ。誠にありがとうございます。NHK。23:32。

「解放された」、ジェイコブ・ロスチャイルド卿が歴史的な重圧から解放されたという本音のサブリミナルメッセージ。ありがとうございます。NHK。23:34。

「急いでいる」、ツネイシが社会貢献事業部門の設立を急いでいることを示唆。NHK。23:34。

「最大限世の中に伝えてほしい」、ジェイコブ・ロスチャイルド卿の本音のサブリミナルメッセージ。了解いたしました。NHK。23:35。

「見られる」、ツネイシのトップオーナーも今は被害者のコンテンツを閲覧することができるというサブリミナルメッセージ。誠にありがとうございます。フジテレビ。23:42。

「リスクがある」、ツネイシのトップオーナーが被害者救済事業を行うのには相応のリスクがある。心にとどめおいてほしいというサブリミナルメッセージ。了解いたしました。フジテレビ。23:47。

「両輪が大事」、ツネイシのトップオーナー、オーナーについて詳しく知ってほしいというサブリミナルメッセージ。了解いたしました。フジテレビ。23:51。

「集中していく」、選択と集中のやり方で、ツネイシが社会貢献事業部門に集中的な取り組みを見せることを約束するサブリミナルメッセージ。フジテレビ。23:52。

2018年10月24日(水)
「本当にお疲れさまという思いです」、ジェイコブ・ロスチャイルド卿が被害者に慰労のサブリミナルメッセージ。誠にありがとうございます。フジテレビ。0:04。

日本では加害オペレーションが過重になっていますね。ジェイコブ卿、ちょっとサブリミナルメッセージのメモが停滞して申し訳ないです。

「先に進んで行きたいと思っています」、ツネイシが、自らの手でこの犯罪について前進させたいと思っていることを示唆。フジテレビ。0:05。

「のびのびと」「前に進んでもらいたい」、ツネイシのオーナーから励ましのサブリミナルメッセージ。誠にありがとうございます。フジテレビ。0:06。

「最後まで頑張れ」、ジェイコブ・ロスチャイルド卿から、世界に認められるまで頑張れという最大級の励ましのサブリミナルメッセージ。誠にありがとうございます。フジテレビ。0:10。

「感慨深いものがある」、ツネイシでいろいろなことを教えた元社員が再び戻って特別な仕事を共にするということは感慨深いものがあるというツネイシのオーナークラスのサブリミナルメッセージ。誠にありがとうございます。フジテレビ。0:16。

「リベンジに燃えています」、ツネイシが、加害カルトに対して闘志をむき出しにしていることを示唆。フジテレビ。0:19。

「売り上げのアップにつなげたい」、中長期的スパンで、社内の風土をよくして売り上げのアップにつなげたいというツネイシのサブリミナルメッセージ。0:20。

"He has my complete and total Endorsement!" ジェイコブ・ロスチャイルド卿が被害者を完全に支持していますよという励ましのサブリミナルメッセージ。誠にありがとうございます。0:45。
https://twitter.com/realDonaldTrump/status/1054759617165754372

「今後、東京に進出し」、被害者が集まる東京に進出することも考えているツネイシのオーナーの構想のサブリミナルメッセージ。NHK。6:56。

ジェイコブ卿、被害者迎合資本が入らなかったといって自分をお責めにならないでくださいね。資本主義のルールがありますから、ジェイコブ卿のせいではありません。入ったときにまた物事をどんどん進めていきましょう。いつもありがとうございます^^

「じっくり何があったかを聞いてみたいと思います」、ツネイシがこの10年間の被害者の事情をしっかり聴取するというサブリミナルメッセージ。ありがとうございます。NHK。7:10。

「超えていた」、当時の川本社長も、加害カルトが押し寄せてストレスの限界を超えていたことを示唆。誠に申し訳ございません。NHK。7:13。

「責任をとっていないことも正したい」、ツネイシの当時の役員が、加害カルトの攻撃に対する責任をまだとってないことも含め、対処を考えたいというオーナークラスのサブリミナルメッセージ。NHK。7:18。

「その」、サウジアラビアの皇太子がイルミナティの人物だというのは本当だというジェイコブ・ロスチャイルド卿の助言のサブリミナルメッセージ。記録に残します。NHK。7:21。

「しっかりと勉強して」「必要なことがあれば考えたい」、オーナークラスから被害者に助言のサブリミナルメッセージ。NHK。7:25。

山本国家公安委員長「地域で見守っていきますよ」「そういう流れを作っていかなければならない」、反カルトの集団ストーカーに対応するという流れを作っていかなければならないという自民党のサブリミナルメッセージ。誠にありがとうございます。NHK。7:33。

「情報を精査して」「いつどこで起こるか」「頭を痛めている」被害者に助言など。最後は、自民党は加害カルトに頭を痛めている。ツネイシの試みは、自民党においても対カルト対策となりうるというサブリミナルメッセージ。NHK。7:34。

「ある程度の知見は構築されてきた」、集団ストーカー・テクノロジー犯罪に対する知見はかなり構築されてきたという自民党の見立てのサブリミナルメッセージ。NHK。7:36。

「イベントに参加しよう」、ツネイシの社会貢献事業部門の社員がNPOの催しに参加しようという動きもあるという社長のサブリミナルメッセージ。NHK。7:38。

「参加資格を緩和し、広く協力を呼び掛けています」、ツネイシだけで集団ストーカー・テクノロジー犯罪被害対処を行うのではなく、広く協力を呼び掛けているというオーナーのサブリミナルメッセージ。NHK。7:46。

「旅費や宿泊費の負担も検討」、緊急避難性の高い低所得層の被害者については、救済的に旅費や宿泊費の負担も検討しているというツネイシのサブリミナルメッセージ。NHK。7:47。

「うまく選んで」、ツネイシのオーナーから、結婚相手は必ずいい人を紹介するから自分でいい人を選んで幸せになってほしいというサブリミナルメッセージ。本当にありがとうございます。NHK。7:49。

「東京や海外などへの展開も進め」、ツネイシのオーナーの構想のサブリミナルメッセージ。NHK。7:54。

「愛して」、ツネイシに対する愛着を持ってほしいというオーナーのサブリミナルメッセージ。よろしくお願いいたします。NHK。7:56。

「影響力のある」「流れていたんだろうな」、ツネイシの中で実力のあった自民系総務部長の要因は、加害カルトに加害行為を依頼できる立場にあったからだろう。彼から加害カルトに相当額流れ出ているだろうというオーナーの示唆。テレ朝。8:20。

「最後の砦」、被害者は対カルトの最後の砦だというツネイシから被害者に対して賛辞のサブリミナルメッセージ。テレ朝。8:22。

「待ちきれなくなった」、私が離職後に加害行為を行われたのも、ツネイシに復職を進める加害勢力の意向があったというサブリミナルメッセージ。テレ朝。8:23。

「便宜を図ってもらうなど様々な要素があった」、加害カルトに従業員に対して加害行為を行わせる一方、彼らのビジネスに口利きなどの効果があっただろうというオーナーの調査のサブリミナルメッセージ。テレ朝。8:24。

「どういう犠牲が出ているのかということを知ることができない」、集団ストーカー・テクノロジー犯罪は、他者に被害者が触知されにくい。自己申告しか手段がないが、従業員は黙らされているというサブリミナルメッセージ。テレ朝。8:25。

「やっぱり日本人は助けたい」、自民系企業のオーナーとして、純粋な日本人は助けてあげたいという思いが働くというサブリミナルメッセージ。テレ朝。8:26。

「大切にします」、ツネイシグループは、集団ストーカー・テクノロジー犯罪被害者を大切にしますと宣言するオーナーのサブリミナルメッセージ。テレ朝。8:31。

「緊張関係を保つ」、ジェイコブ・ロスチャイルド卿とイルミナティ犯罪被害者は、お互い依存関係に陥らず、緊張関係を保つのが望ましいとジェイコブ卿が思われているというサブリミナルメッセージ。テレ朝。8:32。

「非常に細かいところまで把握している」、ツネイシの社会貢献事業部門の予定社員が、被害者のネットコンテンツの細かいところまで把握したというサブリミナルメッセージ。テレ朝。8:36。

「使って」、本日は新勝寺温泉に来てもらっても大丈夫だよというツネイシの社長からメッセージ。ぜひ行かせていただきます。NHK。9:00。

「これが毎日続くんだったら凄いストレス」、川本会長が集団ストーカーの一端を経験して被害者のことをおもんばかるサブリミナルメッセージ。NHK。9:01。

国連・キンタナ特別報告者「事実を突き止めることは優先事項だ」、イルミナティについて、まず真実となる情報を突き止めるのは解決の初期段階に必ず必要なことだというサブリミナルメッセージ。NHK。9:03。

"I agree with President Obama 100%!" 米・トランプ大統領がプライドを捨ててイルミナティ犯罪解決においては超党的にバラク・オバマ元大統領に同意するというサブリミナルメッセージ。誠にありがとうございます。9:06。
https://twitter.com/realDonaldTrump/status/1054874705491120133