2013/02/19

メッセージ(6)

2013年1月1日のサブリミナル・メッセージ
~進む解決の対話~
-最終更新日: 2013年1月1日 (火) -

2013年1月1日(火)
 NHK12時のニュース。米上院の議員が緑(自民党)とオレンジ(集団ストーカー被害者)のテロップが現れた時にうなずく。これは自民党が紫(加害勢力)ではなく被害者に寄り添うべきという意味を込めたメッセージです。引き続き財政の崖回避に頑張ってください。

 天皇杯のサッカーを見ていますが、集団ストーカー加害勢力への迎合割合50%、被害者への迎合割合50%といったところでしょうか。この時間帯はどの番組も加害者よりです。皆さん、ご注意ください。

 ノーベル平和賞受賞者、劉暁波さんの妻の劉霞さんが友人と会う姿が報道されました。再び世界の注目を集めています。氏が一刻も早く解放されますよう心よりお祈りしています。

 NHK7時のニュースもここまで集団ストーカー加害勢力の迎合割合がかなり高い状況にあります。国際社会が解決路線を進める中で、加害勢力が必死に資本出資して抵抗しているのでしょう。被害者の皆様、お気を付けください。

 NHK7時のニュース、武田キャスターが「活発になる」を強調。これは番組の次の部分で集団ストーカー加害勢力の資本投下が集中的に行われていることを示しているサブリミナル・メッセージです。お気を付けください。

 米民主党・共和党が財政の崖を回避することで合意。このような政治的合意が行われるのがアメリカの特徴です。日本も見習わなければなりません。おめでとうございます。

 ウィーンフィル・ニューイヤーコンサートの生放送が行われています。昨年もそうでしたが、今年も指揮者のフランツ・ウェルザー・メストさんがサブリミナル・メッセージ。演奏家の方々もメッセージを出されています。この手法は全世界に広まっています。有難うございます。

 ニューイヤーコンサート中、ウィーンフィル団員の方が生放送中に被害者に向けてどの番組を見ればいいかサブリミナル・メッセージを発しました。現在はTBSが安全とのことです。解決の輪は世界に広まっています。感謝の言葉もありません。これはユーロの意思でしょう。有難うございます。

 このTBS 炎の体育会TVでワンバック選手が放送中にわざと舌を出しました。これは前にも述べましたように集団ストーカー反対の意思を表明したことになります。最近では世界の方々がサブリミナル・メッセージを出してくださいます。本当に有難うございます。

 TBS 炎の体育会TVでメッシ選手が舌を出しました。これも私は集団ストーカーに反対だという意思を表明したことになります。有難うございます。この時間帯はこの番組がいいようですね。

 NHKスペシャル「2013 世界とどう向き合うか」も番組上でサブリミナル・メッセージの法則性が通底されています。ローソンの新浪剛史社長は、まずはこの問題解決には日本は民主党に分があるのだという意思を表示しました。アメリカと意見を合致させたのです。現在、この動きが広まっています。