2013/04/01

メッセージ(81)

2013年3月31日のサブリミナル・メッセージ
~本日はビラ配りも行いました~
-最終更新日: 2013年3月31日 (日) -

2013年3月31日(日)
 メッシ選手がやはり加害勢力の配色を回避するよう誘導するサブリミナル・メッセージ。19戦連発、おめでとうございます。Yahooニュース。

 安倍首相「結果を出していくことに全力を尽くしたい」解決へのサブリミナル・メッセージですね。誠に有難うございます。安倍首相も頑張ってください。NHK日曜討論。

 石破幹事長「丁寧に」を強調。丁寧にこの問題解決を進めていかなければならないことを指摘していただいています。誠に有難うございます。頑張ってください。日曜討論。

 細野幹事長「厳しく問うていきたいと思っています」。野党として追及していく姿勢を述べられています。頑張ってください。日曜討論。

 石破氏「出ることもありうる」。この問題はいつメディアに出てもおかしくないと述べられています。誠に有難うございます。日曜討論。

 島田解説員「減りました」恐らく自民党の加害勢力迎合割合が下がったことを意味しているのでしょう。維新の会と協力すれば下げられるはずです。これでますますこの問題が公になる期待が持てますね。誠に有難うございます。頑張ってください。NHK日曜討論。

 それに比べて民主党の加害勢力迎合割合が高いですね。現状、自民党は加害勢力迎合割合1/3、民主党は1/2です。民主党は危機意識を持たなければなりません。もちろん、細野氏はいやいや執行部に従っているものと思っています。日曜討論。

 石破氏、加害勢力の迎合配色を回避。誠に有難うございます。日曜討論。

 石破氏「読んで」も被害者への助言でしょう。誠に有難うございます。被害者も解決に向けて頑張らなければなりません。NHK日曜討論。

 細野氏「理解できません」を言いながら首を振る。被害者の言っていることは理解できない、そんなことはない。というメッセージ。被害者迎合・加害勢力迎合5割の典型表現です。日曜討論。

 細野幹事長、下をうつむく「いやそれは違います」。前者が被害者を不安がらせる加害勢力迎合表現の典型例、後者がそれを否定する被害者迎合表現。5割5割の法則が貫かれています。野田政権の時は細野氏は被害者迎合割合7割でした。残念でなりません。NHK日曜討論。

 島田解説員「議論しよう」この問題を解決するために実際の議論を始めようというサブリミナル・メッセージ。氏の被害者迎合割合も7割に達しますね。誠に有難うございます。頑張ってください。NHK日曜討論。

 石破幹事長「持っている」これも被害者迎合表現の典型例です。誠に有難うございます。被害者も頑張らなければなりません。本日の日曜討論はこれで終了させていただきます。続きは大阪から帰ってから。よろしくお願いいたします。

 大阪に行きましたが、行きに山高タクシーさんやJRの添乗員の方に被害を理解していただいたうえでサポートのメッセージを出していただきました。誠に有難うございます。頑張ってください。

 行きの新幹線、加害勢力のほのめかし「出る前に措置」を大声。この問題が公になる前に措置入院で精神病院へ入院させてやるという間接的な脅迫です。加害勢力が追いつめられていることが分かります。

 それ以外はノイズキャンセリングヘッドホンでほぼほのめかしを回避できました。至近距離で大声で話されない限り大丈夫なようです。それでも加害勢力は執拗なまでに付きまとってきました。

 大阪被害者の集いではかなり前向きな話ができました。念のため会の内部での話は秘匿させていただきます。近いうちにかなりこの問題は進展するのではないかと思います。また、芸能人や政治家の方で被害に遭われたと被害者で大きな噂になってきた方のことを掲載した書籍が出版されたようです。

 日本でもかなり公になりつつあります。メディアの受け入れ態勢もほぼ整ったとみることができます。近いうちに必ず公になるのではと期待しています。これを書いているとき、外部でタイミングよくクラクション。加害勢力が相当焦っているようです。被害者には日常茶飯事の出来事です。

 パク・クネ大統領が加害勢力の配色を回避するよう誘導するサブリミナル・メッセージ。ごくわずかにそろったシーンで出していただいています。誠に有難うございます。これからも頑張ってください。NHK8:45のニュース。

 メディアに加害勢力が再び集中出資、自民党は2/3を維持しているようです。加藤勝信氏より。サンデースコープ。

 本日は以上とさせていただきます。お疲れ様でした。明日もよろしくお願いいたします。